福岡市役所に大画面&双方向型の超大型デジタルサイネージ登場

福岡県福岡市役所では、1階ロビーをリニューアルしたことを機に、新たな情報発信ツールとして82インチの超大型デジタルサイネージを設置した。同型のデジタルサイネージは、先月オープンした「ダイバーシティ東京」でも採用されており、日本では二例目、西日本および自治体としては初の採用となる。

超大型デジタルサイネージ。迫力の大画面だ

このデジタルサイネージは幅10m、高さ2.5m。大型タッチパネルでありながら、スマートフォンのように簡単なタッチで操作できる。写真を撮影して福岡らしいフレームでデコレーションでき、それを拡大したり動かしたり、携帯電話に転送することも可能。また、その写真や画像がタッチパネルを飛び出して、壁の中を動き回るという驚きのしかけもある。

壁の一方では120インチサイズで動画が流れ、市政情報や観光情報を発信。タッチパネルに生成されるアイコンにも、同市に関する豆知識などが含まれ、楽しみながら情報を得られるしかけになっている。子どもから大人まで、誰でも親しみやすく同市の情報に触れてもらおうというのがねらいだ。5月末までは、インタラクティブなデジタルアートの展示も行っている。

同市では、このデジタルサイネージを設置したほか、無料の公衆無線LANサービスの開始、自治体で初めてのGoogle+やPinterestの活用など、ICTを活用した情報発信に積極的に取り組んでいるという。

【関連リンク】

驚愕!吉瀬美智子や黒木瞳など「福岡に美人が多い」理由

九州内の鉄道に乗り放題「旅名人の九州満喫きっぷ」、4月から通年発売に

福岡市営地下鉄七隈線の延伸計画が本格化 - キャナルシティ経由で博多駅へ

福岡市、七隈線天神南~博多間の鉄道事業許可を申請 - 開業予定は2020年度

三井不動産など、お台場の商業施設「ダイバーシティ東京 プラザ」の154店舗を発表

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事