名字検索の「名字由来net」、2011年度下半期の"名字ベスト100"を発表

 

画像はAndroid版名字由来netの提供イメージ

日本人の名字95%以上を網羅するという名字検索サイト「名字由来net」を運営するRecruiting Studioは、2011年度下半期(10月~3月)の「名字ベスト100」を発表した。

名字由来netは、30万件存在するといわれる日本人の「名字」の95%以上を掲載し、由来や読み方、人数、順位などを一度に検索できるWebサイト。スマートフォンから名字由来netを使いやすいよう専用のアプリケーションも提供されている。

今回発表された「名字ベスト100」では、2011年度下半期に最もアクセスの多かった名字を100位まで計測。調査は2012年5月に行われ、電話帳データをもとに実世帯が確認できるもののみを集計した。

結果は次の通り。全国人数およそ205万人の「佐藤」が第1位で、179万人の「鈴木」が第2位、137万人の「田中」が第3位となった。第1~3位は全国人数の多い苗字が続いたが、第4~5位には稀少な苗字がランクイン。全国人数およそ1.7万人の「金」が第4位、30人の「一番合戦」が第5位となった。

名字ベスト100の結果

人気記事

一覧

新着記事

さんま、SMAP解散の真相は報道通り?「ほぼ間違いないと思う」
[00:23 8/28] エンタメ
小柳歩、"舐め"オンパレードで「セクシーというよりはエロい」
[00:00 8/28] エンタメ
Fカップ松嶋えいみ、2人の男性からマッサージ「私生活でもやって欲しい」
[00:00 8/28] エンタメ
さんま『さんまのまんま』終了理由「制作費」と明かすも、 実は別に理由が?
[23:55 8/27] エンタメ
「PINコード」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[23:04 8/27] スマホとデジタル家電