新婚カップルの生活費は1カ月あたり22.4万円-ブライダル総研調べ

リクルートが運営するブライダル総研では、「新生活準備調査2011」を実施。カップルの新生活準備や新婚生活に関する分析の結果、新婚カップルの生活費の平均は1カ月あたり22.4万円ということがわかった。

調査期間は2011年5月20日~6月10日。2010年4月~2011年3月に結婚した首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)、東海(愛知・岐阜・三重)、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山)の『ゼクシィ』『ゼクシィインテリア』読者の中から地域ごとにランダムサンプリングし、調査票を郵送。980人から回答が得られた。

1カ月あたりの生活費と貯蓄額(それぞれ金額回答者/単一回答)

1カ月あたりの生活費を地域別にみると、首都圏24.0万円、東海20.0万円、関西20.9万円。首都圏では他エリアに比べ、生活費が多く必要だということがわかる。

住居費用の平均金額は、首都圏9.4万円、東海6.5万円、関西7.5万円という結果になった。

1カ月あたりの生活費の内訳・全体推計値(それぞれ金額回答者/単一回答)

各費用の平均からそれぞれの項目の生活費に対する割合を試算したところ、首都圏では住居費用の割合が高く、36.4%を占めた。これは東海(29.8%)よりも7pt、関西(33.5%)よりも3pt高い。

住居費用以外の項目ではエリア差は小さく、首都圏では他エリアよりも生活費における住居費用の割合が高いことがわかる。

また、1カ月あたりの貯蓄額の平均は8.7万円。地域別では、首都圏8.8万円、東海8.4万円、関西8.7万円という結果になった。

生活費の金額別に貯蓄額をみても、大きな違いは見られないとのこと。新婚カップルはエリアや生活費の違いに関わらず、一定額以上の貯蓄をする傾向があるともいえる。

【関連リンク】

【レポート】我がまま、文句…見るべきポイントはそこじゃなかった! 1泊2日で彼女と幸せになれるかわかる方法

新婚カップルの8組に1組は10歳以上の年の差婚。リクルート・ブライダル総研調べ

「恋人に求めるもの」女性は男性より多く求める傾向に - ブライダル総研調べ

結婚後、働き続ける女性は67%、4人に1人は専業主婦。どちらも「不安」あり

結婚式をするまでの列席経験は10回以上~「ゼクシィ結婚トレンド調査」

人気記事

一覧

2017年7月26日の運勢

イチオシ記事

新着記事