『MapFan for iPhone』最新版で新東名高速道路データを追加

 

インクリメントPは、iPhone/iPad向けローカル地図アプリ「MapFan for iPhone」の最新版「MapFan for iPhone Ver.1.6」を公開した。アップデートは無料。

「MapFan for iPhone」では新iPadの「Retinaディスプレイ」にも対応

「MapFan for iPhone」は全国の詳細地図をローカルに収録したユニバーサルアプリ。地図表示や縮尺変更、位置情報(GPS)を利用した現在地確認、番地までの住所や、駅名などの検索もオフラインで行えるのが最大の特長となっている。

最新版では、4月14日に開通した「新東名高速道路」のデータを追加。御殿場JCT~三ヶ日JCT間のルート検索、新SA/PA施設などを地図上に表示・検索可能にした。また、圏央道高尾山IC~八王子JCT、東武鉄道伊勢崎線「とうきょうスカイツリー駅」などにも対応している。また、新iPadの「Retinaディスプレイ」にも対応し、地図や施設名などを明瞭に表示可能にした。

なお、最新版の公開を記念して5月14日まで、通常価格2,300円のところを期間限定価格900円で提供する。

人気記事

一覧

新着記事

KDDI、ゲーム感覚でWALLET ポイントがたまる「auまちモニ」
[15:39 8/24] スマホとデジタル家電
坂上忍、高畑容疑者の24時間テレビ降板「自覚なかったじゃ済まされない」
[15:38 8/24] エンタメ
シックス・アパート、PHP 7&MySQL 5.7に対応した「Movable Type 6.3」
[15:38 8/24] 企業IT
【特別企画】富士通がプログラミング教室を開催した理由
[15:30 8/24] 企業IT
DTI SIM、月額基本料金を半年間980円引きにするキャンペーン
[15:26 8/24] スマホとデジタル家電