カワイ、PDF楽譜の自動演奏が可能なiPadアプリ「PDFミュージシャン」発売

 

河合楽器製作所は、PDF楽譜の自動演奏が可能なiPad用楽譜ビューワアプリ「PDFミュージシャン」を発売した。同アプリの価格は1700円だが、5月末までキャンペーン価格の850円で購入することができる。

iPad上で楽譜に書き込みもできる

楽譜を表示させた状態

同アプリは、iPad上でPDFファイルの楽譜を自動演奏させることができるもの。この機能の実現には、PDFファイル内部の楽譜描画命令を解析し、演奏データに自動変換する同社独自開発の「PDF楽譜認識技術」が活用されている。

同アプリでは、アプリ上でWeb検索を行い、PDFファイルの楽譜をダウンロード可能。また、DropboxやiTunes、他のアプリとの連携などによっても楽譜を取り込める。取り込んだ楽譜は自動演奏のほか、タッチ操作により特定の音を確認できる「なぞり演奏」や「ポイント発音」も可能。演奏中に相対テンポやメトロノーム、トランスポーズ、音色を変更することもできる。

それ以外には演奏と同期した楽譜表示や自動譜めくり、楽譜への手書きメモなどの機能がある。なお、リズム譜やドラム譜、タブ譜には非対応となっており、紙の楽譜をスキャンして作ったPDFファイルの楽譜には対応していないとのこと。

同アプリには無料版の「PDFミュージシャン Free」も用意されているが、追加できる楽譜は3つまで。他にも楽譜の認識は1ページ目のみ、サンプルは4曲などの制限が設けられている。

関連記事
Waves Audio & Musicsoft Arts、iOS用DJアプリ「MASHUP APP」発売
ヒトの輪でつくる未来のウェブ楽器「Beatonica」登場
iceGear、iPhone用シンセサイザーアプリ「CASSINI Synth」発売
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

米Uber、FintechスタートアップBettermentと提携、ドライバーの年金計画で
[08:05 8/25] 企業IT
Win10スマホ「MADOSMA Q601」はビジネスシーンで使えるか
[08:00 8/25] 企業IT
TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』、石田燿子が歌うOP曲のタイトルが決定
[08:00 8/25] ホビー
Apple IDを完全に削除できますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 8/25] スマホとデジタル家電
NVIDIA、自動運転車向けSoC「Parker」を正式に発表
[08:00 8/25] テクノロジー