Oracle、Mac向けにもJavaアップデートの同時提供開始

 

米Oracleは4月26日(現地時間)、Mac OS X (64-bit)用の「Java SE 7 Update 4」と「JavaFX 2.1」を公開した。同社がLinux用、Windows用、Solaris用と同時にリリースした初のOracle JDKとJavaFXであり、OracleのHenrik Stahl氏は「Oracle JavaのMacサポートの大きなマイルストーン」と述べている。対応環境は、OS X 10.7 Lionを備えたIntelプロセッサ (要64-bit対応)搭載Macだ。

AppleはMac OS Xのソフトウエア・アップデートを通じてJavaをサポートしていたが、Java for Mac OS X 10.6で同社によるJavaランタイムの提供を終了。Java 7以降のJavaサポートはOracleにバトンが手渡され、しばらく空白期間が続いていた。その間はOpenJDK7を用いたビルドなどユーザーの自力対応が必要だったが、ついにOracleによるOS Xサポートが実現した。Oracle JDK 7とJavaFX 2.1以降、同社は他のプラットフォーム向けと同じタイミングでMac用のアップデートを用意する。これまでOracleによるセキュリティアップデート提供からAppleの対応が遅れたことで、その脆弱性を狙ったFlashbackなどのマルウエアが蔓延するというようなトラブルも起こったが、そうした時間差の問題も今後は解消する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

さんま、SMAP解散の真相は報道通り?「ほぼ間違いないと思う」
[00:23 8/28] エンタメ
小柳歩、"舐め"オンパレードで「セクシーというよりはエロい」
[00:00 8/28] エンタメ
Fカップ松嶋えいみ、2人の男性からマッサージ「私生活でもやって欲しい」
[00:00 8/28] エンタメ
さんま『さんまのまんま』終了理由「制作費」と明かすも、 実は別に理由が?
[23:55 8/27] エンタメ
「PINコード」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[23:04 8/27] スマホとデジタル家電