松重豊、『孤独のグルメ』の撮影秘話「午前中からバカみたいに食べてた」

渡邊晃子  [2012/04/30]

俳優の松重豊が29日、東京・青海の東京カルチャーカルチャーで行われたイベント『孤独のグルメ』実食&検定ナイトに出席した。

左から、木村綾子、久住昌之、松重豊 拡大画像を見る

『孤独のグルメ』は、1994~1996年にかけて雑誌『PANJA』(扶桑社刊)で連載された久住昌之原作のグルメ漫画で、主人公の中年男・井之頭五郎が、仕事の合間に立ち寄った大衆食堂で食事をする様を描く。今年の1月~3月には、松重主演のドキュメンタリードラマがテレビ東京系で放送され、放送分全12話のDVD-BOXが、5月16日から11,970円で発売予定だ(発売元:ポニーキャニオン)。イベントでは、作中で登場する料理を再現したものを実食したほか、漫画やドラマの中から問題を出題する『孤独のグルメ』検定が行われた。

アフレコも孤独だったという

原作者の久住昌之、作家の木村綾子とトークショーを行った松重は「原作のファンが多いので、俳優としてどう乗り越えようかと思いましたね。演技っていうより、食べることに集中しました」と振り返り、「演技で死んだフリはできるけど、食べるフリはできませんからね。芝居とは違う生の行為だから、近くで撮られるのは恥ずかしかった。育ちも分かるしね」と打ち明けた。「今は描いてると松重さんの声が聞こえてくる。かなり影響されてます」と告白した久住は、「40歳くらいのおじさんにウケてたんですが、最近は若い女性ファンも増えてきた。連載から17年も経ってドラマ化されてうれしい」と笑顔を見せた。

心理描写がほとんどの食事シーンに松重は「もくもくと食べてただけなんで、現場はシーンとしてた」と話し、「撮影が終ってからロケバスで孤独にアフレコしてました」とエピソードを披露。また、実際に営業している店舗での撮影ということで「お店が開く前の朝6時くらいからの撮影だった。朝から完全に胃腸を起こさないといけなくて」と明かし、「撮影で太った? ってよく聞かれたんですけど、痩せました……。午前中にバカみたいに食べるから、その後2日間くらい食べれなかったりして、整腸剤をずっと飲んでた」と苦労していた様子。回を重ねるごとに食べる量がエスカレートしていったそうで「さすがに親子丼と焼うどんの回は、炭水化物は重ねちゃダメだって文句を言いましたね」と話して笑いを誘っていた。

関連したタグ

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

人気ストリーマーotofu氏とコラボ! iiyama PC、LoL向けGTX 970搭載PC
[13:44 5/26] パソコン
C・ヘムズワース『スノーホワイト』続編の進化に自信「明るく笑えるものに」
[13:41 5/26] エンタメ
見守りロボット「BOCCO」、話しかけた声を文字にしてアプリへ送信可能に
[13:37 5/26] テクノロジー
【ハウツー】Googleお役立ちテクニック - 「検索演算子」を使ってみよう
[13:30 5/26] パソコン
NTTレゾナント、Q&Aプラットフォーム「QAコネクト」SDKを無償提供
[13:25 5/26] 企業IT

本音ランキング

特別企画 PR