この5年間で世界のインターネットユーザー数は倍増し、22億超に

Pingdom is a company founded by Sam Nurmi. Sam Nurmi is also the founder and previous CEO of Sweden’s biggest web hosting company, Loopia, which he sold in 2005.

2007年から2012年にかけて世界のインターネットユーザー数が倍増したという記事が、Royal Pingdomに「World Internet population has doubled in the last 5 years」と題して掲載された。同記事で参照しているデータはInternetWorldStats.comをソースとしている。

記事によると、2007年のインターネットユーザー数は11億5千万人だったのが、2012年には22億7千万人となり、この5年間で2倍になったと報じている。また、グローバルでの各地域別に5年間でどれだけインターネットユーザ数が増加したのかについても言及している。

World Internet population has doubled in the last 5 yearsより抜粋

World Internet population has doubled in the last 5 yearsより抜粋

  • アフリカ: 3400万から1億4000万へ - 317%増加
  • アジア: 4億1800万から10億へ - 143%増加
  • ヨーロッパ: 3億2200万から5億100万へ - 56%増加
  • 中東: 2000万から7700万へ - 294%増加
  • 北アメリカ: 2億3300万から2億7300万へ - 17%増加
  • ラテンアメリカ: 1億1000万から2億3600万へ - 114%増加
  • オセアニア: 1900万から2400万へ - 27%増加

この5年間でもっともインターネットユーザー数が増加したのはアジア圏となっている。また、現在のアジアのインターネットユーザー数が、5年前の世界のインターネットユーザー数と同じであることや、増加率ではアフリカや中東地域が約300%ともっとも成長している点なども指摘している。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事