Mozilla、旧バージョンのMac OS X向けにJavaプラグインの無効化を実施

ニュース
トップ

Mozilla、旧バージョンのMac OS X向けにJavaプラグインの無効化を実施

後藤大地  [2012/04/18]

The Mozilla Foundation

Mozillaは旧バージョンのMac OS X(10.5まで)を対象に、Javaプラグインを無効にしたことを発表した。MozillaではJavaの旧バージョンに存在する脆弱性からFirefoxユーザを守るため、WindowsといくつかのLinuxディストリビューションに対して対応を行なっていたが、Mac OS Xに対してはこれまでアクションを起こしていなかった。

Mozillaでは実施しなかった理由を2つあげている。1つはAppleがJavaの脆弱性を修正してソフトウェア・アップデート機能を使って対処したこと、もう1つはプラグインを更新してもメタデータが再読み込みされないというFirefoxのバグが確認されたためとしている。

発見されたこのFirefoxのバグによって、Mac OS X側でJavaを更新しても、Firefox側では古いJavaが使われていると認識してしまうという。このバグについては4月24日(米国時間)にリリース予定のFirefox 12で修正されるとし、Mac OS Xに対してはその後にブロックリストへの追加を行うとしている。

また、AppleはMac OS X 10.5及びそれ以前の旧バージョンに対してはJavaの脆弱性に対処していない。そこでMozillaでは、Javaの脆弱性から旧バージョンのMac OS Xユーザを守るため、Javaプラグインをブロックする処置を実施したという。この処置は「softblock」レベルとなっており、自己責任ではあるがユーザは自由にJavaプラグインを有効化できるようになっている。

関連したタグ
    

    マイナビニュースのセミナー情報

    オススメ記事

    マイナビニュースの集合特集

    関連記事

    関連サイト

    新着記事

    転職ノウハウ

    あなたの仕事適性診断
    あなたの仕事適性診断

    4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

    Heroes File ~挑戦者たち~
    Heroes File ~挑戦者たち~

    働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

    はじめての転職診断
    はじめての転職診断

    あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

    転職Q&A
    転職Q&A

    転職に必要な情報が収集できます

    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

    入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      特別企画

      一覧

        求人情報