インテル、PCIe接続でリード最大2GB/秒のSSD「Intel SSD 910」シリーズ

 

インテルは4月13日、データセンター向けの高性能・高信頼SSD製品として、PCI Express x8 (2.0)接続のSSDカード「Intel SSD 910」シリーズを発表した。容量400GBモデルと800GBモデルをラインナップし、1,000個ロット時の単価は前者が162,490円、後者が325,060円。現在データセンター向けにサンプル出荷中で、量産出荷は2012年半ばを予定している。

「Intel SSD 910」シリーズ

データセンターの厳しい要求に応えられる、高い性能と耐久性、信頼性を実現したというPCIeインタフェース採用のSSD製品。フラッシュメモリは25nmプロセスベースのMLC NAND。標準的なMLCの30倍の耐久性をうたっており、これは、5年間にわたり最大1日10回のドライブ全域への書込みに相当するとしている。なお、コントローラおよびファームウェアもインテル製とのこと。

主な仕様は、800GBモデルでは、シーケンシャルリード最大2GB/秒、シーケンシャルライト最大1GB/秒、4Kランダムリード最大180,000IOPS、4Kランダムライト最大75,000 IOPS。400GBモデルではシーケンシャルリード最大1GB/秒、シーケンシャルライト最大0.75GB/秒、4Kランダムリード最大90,000IOPS、4Kランダムライト最大38,000 IOPS。本体(カード)サイズはH69×L168×W19mm。

人気記事

一覧

新着記事

Apple Watch Series 2のスイミングワークアウトを試す - 松村太郎のApple深読み・先読み
[22:32 9/29] スマホとデジタル家電
アミュレット、USB 3.1 Gen2対応でRIAD機能搭載のストレージケース
[22:19 9/29] パソコン
柳葉敏郎、さんまへの土下座の真相告白「タクシーの前で…」
[22:15 9/29] エンタメ
[ベッキー]上半身ヌードでセクシーに“美背中”披露 髪もばっさりショートに
[22:12 9/29] エンタメ
長谷川豊、ブログ発言での報道番組降板「夢にも思っていませんでした」
[21:52 9/29] エンタメ