Webコンテンツを雑誌のように閲覧できるGoogle Currentsが日本で利用可能に

 

米GoogleのWebコンテンツリーダーアプリ「Google Currents」が日本で公開された。Android版とiOS版の2種類が用意されており、それぞれGoogle Play、App Storeから無料でダウンロードできる。スマートフォン/タブレット端末で利用可能。

Google Currentsは、2012年12月に米国アカウント限定で提供していたWebコンテンツリーダーアプリ。ブログやWebニュースなどのコンテンツを読み込み、電子マガジンのようなUIデザインで閲覧することができる。

Android版Google Currents(Google カレント)の利用イメージ

今回、同アプリの最新版が提供され、日本を含む複数の国でダウンロードが可能となった。Android版のバージョン1.1.0では、オフライン閲覧機能などが追加されている。

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事

ときどき介護のち育児へ 第3回 要介護認定を申請するまでの過程
[10:43 9/28] ヘルスケア
ケイティ・ペリー、ヌード姿の過激な動画公開! 米大統領選への参加呼びかけ
[10:35 9/28] エンタメ
テーマは肉! 「肉屋台マルシェ」で現金つかみ取りやパイ投げ選手権も
[10:30 9/28] 趣味
夫婦のLINE 第283回 俺ディンキー派だから
[10:15 9/28] ライフスタイル
夫婦のLINE 第282回 あんまり好きじゃない
[10:14 9/28] ライフスタイル