Webコンテンツを雑誌のように閲覧できるGoogle Currentsが日本で利用可能に

 

米GoogleのWebコンテンツリーダーアプリ「Google Currents」が日本で公開された。Android版とiOS版の2種類が用意されており、それぞれGoogle Play、App Storeから無料でダウンロードできる。スマートフォン/タブレット端末で利用可能。

Google Currentsは、2012年12月に米国アカウント限定で提供していたWebコンテンツリーダーアプリ。ブログやWebニュースなどのコンテンツを読み込み、電子マガジンのようなUIデザインで閲覧することができる。

Android版Google Currents(Google カレント)の利用イメージ

今回、同アプリの最新版が提供され、日本を含む複数の国でダウンロードが可能となった。Android版のバージョン1.1.0では、オフライン閲覧機能などが追加されている。

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事

Intel、"Kabylake"こと第7世代Coreプロセッサ発表 - ノートPC向けから提供
[22:11 8/30] パソコン
TVアニメ『SUPER LOVERS 2』、来年1月放送! ティザービジュアルを公開
[21:58 8/30] ホビー
[豊川悦司]大竹しのぶを「200歳ぐらいまで生きそう」と絶賛 「後妻業の女」で共演
[21:52 8/30] エンタメ
[ハロー!プロジェクト]名古屋定期公演スタート 初日は愛知出身・牧野が出演「地元でイベントうれしい」
[21:41 8/30] エンタメ
真鍋昌平×岩井俊二が“現代”を語る、「リップヴァンウィンクル」BD&DVD記念
[21:37 8/30] ホビー