井上智徳「COPPELION」5月に月刊ヤンマガへ移籍、新章へ

第4部に突入する「COPPELION」の最新カット。

ヤングマガジンで連載中の井上智徳「COPPELION」が、月刊ヤングマガジン(ともに講談社)へ移籍することが明らかになった。

これは本日4月11日発売の月刊ヤングマガジン5月号で発表されたもの。「COPPELION」は5月7日発売のヤングマガジン23号にて、第3部の最終回24ページを発表する。そして5月9日に発売される月刊ヤングマガジン6月号からは、一挙30ページで第4部を開始。さらに5月7日には、「COPPELION」の最新14巻も発売される。 

「COPPELION」は放射能が蔓延し、死の街と化した2036年の東京を舞台にしたSF。「コッペリオン」と呼ばれる遺伝子操作によって放射能の影響を受けない女子高生3人組が、過酷な任務に立ち向かっていく。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事