ローソン、全国約6,000店舗で24時間無料の公衆無線LANサービスを開始

このロゴがある店舗で利用が可能

ローソンは6日、全国約6,000店舗でスマートフォン用の無線LANサービス「LAWSON Wi-Fi」の開始を発表した。同社が提供するポイントカード「Ponta」の利用者は、どの携帯電話事業者のスマートフォンでも、無線LANサービスが利用できる。

同社が提供する「ローソンアプリ」をインストールし、Ponta会員IDでログインすることで「LAWSON Wi-Fi」の利用が行える。「ローソンアプリ」は現在、Android版のみ配信を行っており、iPhone向けには5月ころの対応を予定している。

「LAWSON Wi-Fi」では、ネットワークの提供で提携しているKDDIのフィルタリングを利用。「著しく公序良俗に反するサイト」への接続は制限されるが、基本的には接続サイトの制限はなく、24時間無線LANサービスの利用が可能だという。

ローソンでは、4月末までに全国約9,000店のローソン全店で「LAWSON Wi-Fi」の利用を可能にする見込みだという。

また、「LAWSON Wi-Fi」とは別にauユーザー向けに「au Wi-Fi SPOT」を提供するが、NTTドコモの「docomo Wi-Fi」やソフトバンクモバイルの「ソフトバンクWi-Fi スポット」の導入も順次開始するとし、8月末までに約8,000店に「docomo Wi-Fi」、約7,000店に「ソフトバンクWi-Fi スポット」を導入する予定だという。

関連記事
ローソン、24時間無料の無線LANサービス「LAWSON Wi-Fi」を全店に導入(2012年02月29日)
KDDI、スマートフォン向けEメールアプリを刷新 - 対象は11機種(2012年02月20日)
「au one Friends Note」が機能を拡張 - クラウドと連携可能に(2012年01月27日)
宅内無線LANサービス「Wi-Fi HOME SPOT」がスタート - KDDI(2012年02月14日)
KDDIが新機種・サービスを発表、新スローガンは「あたらしい自由。」(2012年01月16日)
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事