タッチペン搭載Xi対応Android「GALAXY Note SC-05D」が登場 - ドコモ

NTTドコモは28日、同社のLTEサービス「Xi」に対応した約5.3インチ有機EL搭載Androidスマートフォンの新製品「GALAXY Note SC-05D」を発表した。3月29日より全国のドコモショップで事前予約受付を開始し、4月6日より発売する。

GALAXY Note SC-05D

Sペン

GALAXY Note SC-05Dは、約5.3インチWXGA(800×1280ドット)の有機ELディスプレイ「HD SUPER AMOLED」を搭載したスマートフォン。大画面ならではの高い操作性が特徴で、付属のタッチペン「Sペン」を利用して、文字の手書き入力や端末の操作を行うことができる。加えて、受信最大75Mbpsの通信速度を実現したLTEサービス「Xi」も利用可能。

寸法・重量は約147×83×9.7mm・約184g。1.5GHzのデュアルコアCPUを搭載し、2.500mAhの大容量バッテリを内蔵する。機能面では約810万画素COMSのメインカメラ、約196万画素COMSのサブカメラを搭載。このほか、ワンセグ、GPS(海外対応)、Bluetooth 3.0+HS、Wi-Fiテザリング(8台)、iコンシェル、緊急速報「エリアメール」などに対応。通信面ではXiのほか、FOMAハイスピード(14Mbps/5.7Mbps)、国際ローミング「WORLD WING」をサポート。OSはAndroid 2.3を採用する。

(記事提供: AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事