「Wine 1.5」がさっそく登場 - 開発向け最新版

ニュース
トップ

「Wine 1.5」がさっそく登場 - 開発向け最新版

後藤大地  [2012/03/22]

Wine lets you run Windows software on other operating systems.

3月初旬に約2年ぶりの安定版「Wine 1.4」が公開されたばかりだが、Wineプロジェクトは早くも次期安定版へ向けて作業を開始している。16日(現地時間)、Wineプロジェクトは最新の開発版となる「Wine 1.5.0」を公開した。

Wineプロジェクトでは、安定版を偶数バージョンで、開発版を奇数バージョンで管理している。Wine 1.5.0は先日公開された1.4をベースに、次期安定版に向けた新機能の追加やバグ修正を行う1.5系列の最初のリリースとなる。

Wine 1.5.0では、Geckoエンジンが新しいバージョンとなったほか、Mac OS Xのゴミ箱が使えるように部分的な機能のサポートが追加されている。また、GDI+(gdiplus.dll)グラフィカルライブラリのパスグラデーションのサポートやいくつかのMSXMLの修正、64ビットの例外処理の修正なども行われている。他にもSkypeやiTunesなど様々なWindowsアプリケーションで起きたバグの修正が行われている。

WineはLGPLのもとオープンソースライセンスで開発されており、LinuxやBSD向けのバイナリパッケージやソースコードが無償で公開されている。Wine 1.5.0の詳しい変更についてはこちらが参考になる。

関連したタグ

    マイナビニュースのセミナー情報

    オススメ記事

    マイナビニュースの集合特集

    関連記事

    関連サイト

    新着記事

    転職ノウハウ

    あなたの仕事適性診断
    あなたの仕事適性診断

    4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

    Heroes File ~挑戦者たち~
    Heroes File ~挑戦者たち~

    働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

    はじめての転職診断
    はじめての転職診断

    あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

    転職Q&A
    転職Q&A

    転職に必要な情報が収集できます

    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

    入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      特別企画

      一覧

        求人情報