ソフトバンク、新「iPad」を3月16日の8時より発売 - 当日販売分も用意

新iPad

ソフトバンクモバイルは、アップルが3月7日(日本時間8日)に発表した新「iPad」を3月16日の午前8時以降順次、発売すると発表した。発売当日、同社の旗艦店「ソフトバンク銀座」で発売記念セレモニーを実施する。

新iPadは、9.7インチ(2,048×1,536ピクセル)のRetina Displayを採用したタブレット端末。従来のA5プロセッサの2倍に向上したクアッドコアの「A5X」プロセッサを搭載する。機能面では、フルHDの1080pに対応した5メガピクセルiSightカメラなどが利用可能。OSのバージョンは、iOS 5.1。ソフトバンクモバイルが提供するのは、LTE通信に対応したWi-Fi+4Gモデル。本体価格は16GBが53,760円、32GBが61,680円、64GBが69,600円。

ソフトバンク銀座で行われる発売記念セレモニーには、ソフトバンクグループ代表の孫正義氏、テレビCMに出演するモデルのトリンドル玲奈さんが出席する。

また発売当日iPad取扱店では、予約をしていない購入希望者向けに「数に限りはあるが」(同社)、当日販売分も用意しているという。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事