Twitter、Google提案のSPDYプロトコルを導入

Twitter

TwitterがSPDY(スピーディ)プロトコルの使用を開始している。SPDYとは、Googleが策定を進めている通信プロトコル。HTTPと同じ層に該当し、HTTPよりも高速に通信することができる。SPDYはすでにChromeで実装されており、Googleが提供する一部のWebサービスでサポートされている。

Twitterは、まだSPDYのサポートを公式には発表していないが、TwitterのエンジニアであるRaffi Krikorian氏がTwitterのAPIでSPDYが有効になっていることを示すツイートを投稿している。

TwitterのSPDYセッションがアクティブになっている - Raffi Krikorian氏のツイートより抜粋

Chrome SPDY indicatorでTwitterのSPDY通信を確認

SPDYはChromeだけでなく、Firefoxでも利用できる。Mozillaは、Firefox 11から対応を行なっている。Firefox 11の場合は標準で有効になっていないため、アドレスバーに「about:config」と入力し、「spdy」で検索して機能を有効にする必要がある。

TwitterがSPDYで通信しているかどうかは、SPDYを観測する拡張機能を入れることで確認できる。ChromeはChrome SPDY indicatorを、FirefoxはSPDY indicatorをインストールする。この拡張機能はいずれもSPDYで通信した際に、アドレスバーにグリーンの稲妻アイコンが表示されるようになっている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事