映画「テルマエ」先着でヤマザキマリ描き下ろし本を配布

映画「テルマエ・ロマエ」メインビジュアル (C)2012「テルマエ・ロマエ」製作委員会

4月28日から全国公開される映画「テルマエ・ロマエ」の入場者先着100万名に、ヤマザキマリ描き下ろしマンガ「テルマエ・ロマエ」特別編が配布される。

「テルマエ・ロマエ」は、様々な日本の風呂へとタイムスリップする古代ローマの公衆浴場設計技師ルシウスを描くコメディ。映画では、ルシウス役を阿部寛が、ヒロインのマンガ家・山越真実役を上戸彩が演じる。

発売中の月刊コミックビーム4月号(エンターブレイン)では、武内英樹監督とヤマザキマリの対談が行われているほか、ローマで開催されたワールドプレミアの様子が写真付きでレポートされている。さらに付録は「テルマエ・ロマエ」の特製扇子。表紙には「テルマエ・ロマエ」1巻表紙の彫刻に扮した阿部寛が登場した。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事