アップル、新「iPad」を発表 - Retinaディスプレイ採用、4G LTE対応

 

アップルは米国時間の3月7日(日本時間8日)に開催したプレスイベントにおいて、新「iPad」を発表した。製品名は、噂されていた「iPad 3」「iPad HD」などではなく、たんに「iPad」となった。機能は事前に予想されていたとおり、Retina Display採用による2,048×1,536ピクセルの高解像度、A5Xプロセッサ、フルHDの1080pに対応した内蔵カメラ、4G LTE対応による高速通信などを搭載。発売は3月16日からで、予約は即日開始される。

新「iPad」

価格は、Wi-Fiモデルの16GB版が42,800円、32GB版が50,800円、64GB版が58,800円。4Gモデルは、16GB版が53,800円、32GB版が61,800円、64GB版が69,800円。カラーはブラックとホワイトの2色。

新iPadの解像度は、iPad 2の4倍となる2,048×1,536ドットで約310万画素。彩度が44%向上している。動画表示は1080p対応となる。この高解像度ディスプレイの表示をコントロールするプロセッサは、クアッドコアグラフィックスを搭載してグラフィックパフォーマンスを従来のA5プロセッサの2倍に向上した「A5X」プロセッサとなる。背面に搭載されたiSightカメラは、5メガピクセルの解像度。バッテリ駆動時間は従来モデルと同じ10時間(4G通信時は最大9時間)。

通信規格は、4G LTE対応となる。4Gモデルの日本での通信事業者としてはソフトバンクモバイルのみが挙げられているが、4G通信に対応するのかどうかは不明(8日午前5時現在)。従来どおりの3G通信にも対応。機能としては高速データ接続の共有も可能だが、日本国内ではこれまでと同様に利用不可となる。Bluetoothは4.0対応。

搭載するiOSのバージョンは、同時に発表されたiOS 5.1となる。このバージョンでは音声ナビゲーション「Siri」の日本語対応やiCloudとの連携強化などが含まれる。

サイズはW185.7×D241.2×H9.4mm、重量はWi-Fiモデルが652gでWi-Fi+4Gモデルが662g。

なお新iPadの発売後も、iPad 2は価格改定のうえ、廉価版として引き続き販売される。新価格は、16GB Wi-Fi版が34,800円、16GB Wi-Fi+3G版が45,800円。

関連記事
アップル、 iOS 5.1を公開 - Siri日本語対応もスタート(2012年3月8日)
iOS版「iPhoto」登場 - 指先ひとつで写真を管理・レタッチ(2012年3月8日)
アップル、1080p対応の新型Apple TVを発表 - インタフェースも一新(2012年3月8日)
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

HPE、ミッションクリティカル用x86サーバ「Superdome X」の新製品
[11:08 8/31] 企業IT
『ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期ワールドプレミア上映会開催決定
[11:00 8/31] ホビー
櫻井VS有吉『ゼウス』第3弾放送決定! ジャニーズ軍に新たに3グループ参戦
[11:00 8/31] エンタメ
俳優・松岡広大が語る"役者としての自分" - 同世代が多いからこそ刺激を受ける
[11:00 8/31] エンタメ
ゴミ収集車による環境データ収集する慶應大×藤沢市の取り組み
[11:00 8/31] 企業IT