「アラクニド」番外編「キャタピラー」ヤンガンで連載開始

 

村田真哉原作、匣咲いすか作画「キャタピラー」カット。

本日3月2日に発売されたヤングガンガン6号(スクウェア・エニックス)にて、村田真哉原作、いふじシンセン作画「アラクニド」のスピンオフ「キャタピラー」がスタートした。作画を手がけるのは匣咲いすか。

「アラクニド」は、「蜘蛛」と呼ばれる殺し屋に育てられることとなる女子高生を描いたサスペンス・ハードアクションで、月刊ガンガンJOKER(スクウェア・エニックス)にて連載中。「キャタピラー」では、「蜘蛛」とは対照的に、直感と適応力と馬鹿力で戦う「芋蟲」の活躍を描く。

なお3月16日に発売される次号ヤングガンガン7号では、白鳥士郎のライトノベル「のうりん」のコミカライズ連載がスタート。作画は亜桜まるが担当する。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『星のカービィ』一番くじに、ドットやゲーム画面デザインのアイテムが登場
[19:00 9/30] ホビー
シャープ、有機ELディスプレイのパイロットラインに574億円を投資
[18:49 9/30] テクノロジー
[注目アニメ紹介]「タイガーマスクW」 34年ぶりの新作アニメ 2人のタイガーに注目
[18:44 9/30] ホビー
[カノン]比嘉愛未、佐々木希、ミムラが3姉妹役で共演 親子の絆を硬軟織り交ぜ描く
[18:43 9/30] エンタメ
[フジテレビ亀山社長]古舘伊知郎の新番組 日曜2時間枠で「サラリーマン層取り込む」
[18:43 9/30] エンタメ