新たに「円満離婚の日」制定……ネットと夫婦関係に関するアンケートを実施

日本記念日協会は、2月29日を「2人に、福(29)あれ」の語呂合わせから「円満離婚の日」として認定した。制定者は「離婚式」プランナーである寺井広樹氏。これを受け、NTTレゾナント株式会社が運営するインターネットアンケートサービス「gooリサーチ」は、夫婦のインターネットを介したコミュニケーションや「離婚式」の認知度について、20代~40代の既婚者1,091名を対象とした調査を実施した。

夫婦間でのメール頻度は1日1~4回までが全体の約半分を占める。内訳は、1日1回程度(26.7%)が最も高く、次いで1日2~4回程度(25.4%)。若い層程メール頻度は高く、1日2回以上メールのやりとりをする夫婦は20代では44.4%と半数近いのに対し、40代では19.4%しかない。

夫婦間でのモバイル・PCでのメール頻度

また、配偶者がSNSを使い始めても「つながりたくない派」が多数であることもわかった。今現在夫婦のいずれもコミュニティサイトを使用している場合、夫婦間でつながりがあると答えたのは約7割だったが、片方がまだサービスを利用していない場合につながりたいかを尋ねると、約8割が「つながりたくない」と回答した(ミニブログ/チャットでは7割が「つながりたくない」と回答)。

理由としては「プライバシーの尊重のため」「サービスを利用しなくてもコミュニケーションがとれているため必要がない」などが挙げられた。

夫婦間のコミュニティサイトでのつながり状況(夫婦両方共サービスを利用している場合)

コミュニティサイト上で、今後夫婦でつながりたいと思うか(配偶者がサービスを利用していない場合)

なお、離婚を考えたことが「あるが、相手に伝えたことはない」夫婦は19.1%で、「あり、話し合ったことがある」は18.5%。「あるが、相手に伝えたことはない」と回答した人は男性(16.8%)よりも女性(21.3%)に多くみられた。

親族や友人を招いて行う「離婚式」の認知度は、なんとなく聞いたことがある程度の人を含めると7割近くにのぼった。中でも20代女性は4割以上が離婚式の内容等についても詳しく記事等で読んだことがあると回答している。 離婚式に流したい曲1位は年代を問わず「さよなら/オフコース(小田和正)」がダントツだった。

離婚式で流したい曲ランキング)

【関連リンク】

【コラム】結婚4年目は魔の年!?離婚を上手に回避するためには!

【コラム】FacebookやTwitterでの「復活愛」が原因で離婚急増中!?

【コラム】FacebookやTwitterなどSNSが原因で離婚する夫婦が増加している!?

人気記事

一覧

2017年9月23日の運勢

イチオシ記事

新着記事