ADI、プロセス・コントロール・アプリケーション向けHARTモデムICを発表

ニュース
トップ

ADI、プロセス・コントロール・アプリケーション向けHARTモデムICを発表

  [2012/03/01]

Analog Devices(ADI)は、スマートセンサや工場自動化装置などのプロセス・コントロール・アプリケーション向けにHART(Highway Addressable Remote Transducer)通信プロトコルに完全準拠したHARTモデムIC「AD5700」を発表した。

同製品を用いることで、ノイズの多い過酷な産業用環境で、HART通信信号を正確にエンコーディングおよびデコーディングすることができ、HARTコミュニケーション財団に認定登録しようとする製品を迅速、かつ容易に実装することができるようになると同社では説明している。

また、外付けサポート部品点数を従来ソリューション比で60%低減できるほか、誤差0.5%という高精度の発振器、受信フィルタ機能、およびバッファHART出力をすべて内蔵しており、競合製品比で75%以上のボードスペース節減を可能にする。さらに、消費電力も代替ソリューション比で38%少なくすることができるという。

AD5700の概要

なお、同製品はすでに量産出荷を開始しており、1000個受注時の単価は3.75ドル(米国での販売価格)となっている。また、高精度発振器を内蔵したHARTモデムIC「AD5700-1」も併せて量産出荷を開始しており、こちらは1000個受注時の単価は4.25ドル(同)となっている。

AD5700のほか、高精度発振器を内蔵したAD5700-1も用意

関連したタグ

    オススメ記事

    関連記事

    関連サイト

    新着記事

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      特別企画

      一覧