「EMOBILE LTE」対応データ端末3機種を発表 - イー・アクセス

イー・アクセスは22日、同日発表した「EMOBILE LTE」の対応端末として、Wi-Fiルーター「Pocket WiFi LTE」2機種、USBスティック1機種を発表。2012年3月以降順次発売する。端末の価格および予約開始日については決定し次第、順次発表するとしている。

「Pocket WiFi LTE(GL01P)」(Huawei製)は大容量バッテリーを搭載したWi-Fiルーター。Pocket WiFiのベストセラーモデルのデザインを踏襲し、薄さと機能性を両立している。EMOBILE LTEとEMOBILE G4の両エリアに対応し、microSDスロット搭載(最大32GB)まで対応。連続通信時間は約9時間で、最大10台までのWi-Fi対応機器に同時接続ができる。

Pocket WiFi LTE(GL01P)。サイズは約62mm×113mm×13.5mm、重さは約140g(電池内蔵)

「Pocket WiFi LTE(GL02P)」(AnyDATA製)は手のひらに収まるコンパクトサイズのWi-Fiルーター。EMOBILE LTEとEMOBILE G4の両エリアに対応している。連続通信時間は約9時間、連続待機時間は約350時間で、最大10台までWi-Fi対応機器の同時接続ができる。

Pocket WiFi LTE(GL02P)。サイズは約56mm×97mm×18.0mm、重さは約123 g(電池パック装着時)

「GL03D」(Huawei製)はUSBスティックタイプのデータ通信端末。回転式USBとケーブルの使用により、省スペースと使い勝手のよさを実現している。EMOBILE LTEとEMOBILE G4の両エリアに対応。面倒なインストール作業なしですぐに使えるゼロインストールにも対応している。

GL03D。サイズは約36mm×93mm×15.0mm、重さは約50g

(記事提供: AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事