米Twitter、iPhone/Android用アプリにスワイプショートカットなどを追加

 

米Twitterは、iPhone/Android用公式クライアントアプリのアップデート版を提供開始した。

今回のアップデートを伝える公式ブログ

今回のアップデートでは、iPhone版、Android版ともにスワイプによるショートカット機能などが追加されている。ホームのタイムライン上で該当のツイートをスワイプすると、タイムラインから離れることなく、そのツイートをリツイートやお気に入りに登録および、共有したり、そのツイートをしたユーザーのプロフィールを見ることができるようになった。また、「見つける」の中にある「友だちを見つける」をタップすると連絡先のアップロードに関する確認のメッセージが表示されるようになった。

iPhone版ではさらに、ツイートとユーザーのプロフィールのコピー/ペーストの機能が再度行えるようになり、「共有」機能で、ツイートをコピーしたりメールでリンクを送ったりすることができるようになった。また、ダイレクトメッセージ(DM)表示のデザインを変更し、複数の未読DMを一度に既読にする機能を再度搭載したほか、文字サイズの設定変更が可能となっている。

Android版については、Android4.0(Ice Cream Sandwich)に対応することとなった。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

SCSK、Azure上でのIoTデータ分析環境構築サービス
[12:38 8/29] 企業IT
Windows 10で始めるBash 第9回 散らかったデスクトップを片付ける
[12:36 8/29] 企業IT
OpenSSL 1.1.0登場
[12:35 8/29] 企業IT
セキュリティフライデーとインターコム、法人向けセキュリティ分野で協業へ
[12:23 8/29] 企業IT
ゴーストキティも登場! サンリオピューロランドのハロウィーンはここに注目
[12:22 8/29] 趣味