アップル、iTunes in the Cloudを日本でも提供開始 - その他の新機能も

アップルは22日、日本から利用できるiTunes Storeを強化し、これまで日本では利用できなかったiTunes in the Cloudの提供開始などの機能追加を行った。新機能の利用にiTunesのアップデートは不要で、現行最新バージョンのiTunes 10.5.1でiTunes Storeにアクセスすればそのまま利用できる。

いずれも機能の詳細については改めて詳しくレポートすることとして、ここではそれぞれの機能の概略をご紹介する。

iTunes in the Cloud

iTunes in the Cloudが音楽についても利用できる。iTunes in the Cloudは、あるデバイスで購入した音楽・アプリが自動的に他のデバイスにもダウンロードされる仕組み。アクセスできるようになる仕組み。iTunesおよび「Store」アプリの設定で、有効/無効を設定できる。

iTunes in the Cloudのイメージ

3G回線からの楽曲購入

これまでWi-Fi接続時に限られていたiPhone/iPadからの楽曲購入が、3G回線経由でも行えるようになった。

iTunes Plus

高音質な256kbps AACフォーマットの楽曲が購入できるようになった。過去にiTunes Storeから購入した音楽にiTunes Plusで提供されているものがある場合は、iTunes Plusの音楽にアップグレードすることも可能。アップグレード価格は、1曲の場合は50円、ミュージックビデオは100円、アルバムは元の価格の30%となる。

楽曲の購入が3G回線からも可能に

高音質なiTunes Plusも提供される

着信音の購入

着信音の購入はiPhoneから直接行える

iPhoneのiTunes Storeから着信音を直接購入し、ダウンロードできるようになった。

Mastered for iTunes

アーティストがiTunesのために新たにマスタリングを行ったアルバムが提供される。

コンプリート・マイ・アルバム機能

アルバム内の1曲を購入後、改めてそのアルバム全体を購入するとき、アルバムの価格からすでに購入済みの曲の価格が差し引かれ、差額のみでアルバムを購入できる。

iTunesのために新規マスタリングされた「Mastered for iTunes」のアルバム

1曲購入後にアルバムを購入するときは差額だけでOK

関連記事
【コラム】新・OS X ハッキング! (1) ひと足お先に「iTunes in the Cloud」で音楽の同期を試す(2011年6月13日)
「iTunes 10.5.1」リリース、米国でiTunes Match開始(2011年11月15日)
【レビュー】使ってみて驚いた! 「iTunes Match」は便利で太っ腹(2011年11月18日)
【レポート】WWDC 2011 - iCloudは新たなデジタルハブ「PC/Macはデバイスに格下げ」(2011年6月8日)
アップル、iOS 5に対応する「iTunes 10.5」リリース(2011年10月12日)
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事