「Ubuntu for Android」発表、スマートフォンがデスクトップPCに

 

Canonicalは2月21日 (英国時間)、「Ubuntu for Android」を発表した。マルチコアCPUで動作するAndroidスマートフォンをドックに装着し、キーボードとモニターを接続すると、Ubuntuのデスクトップ環境を利用できる。

Ubuntu for Androidで、AndroidとUbuntuは同じカーネルを共有する。搭載端末をドックに装着するとUbuntu OSが起動し、1つのデバイスで2つのOSが平行して動作する。これにより、異なるランタイムでモバイルとデスクトップの機能の共存が実現する。2つの環境はConvergence APIモジュールを通じて、サービスやアプリケーションを共有する。例えば、Webブラウザのブックマークや履歴、コンタクト、カレンダー、設定(時計、Wi-Fiパスワードなど)、SNSサービスなどは、モバイルとデスクトップで常に同じ状態が保たれる。携帯電話のSMS/MMSメッセージや電話機能を、デスクトップ環境でUbuntuのインターフェイスを用いて使用することも可能。処理作業は複数のCPUコアにバランスよく振り分けられ、ドックから端末を外すと、すべてのコアがAndroidに割り当てられる。

標準搭載アプリケーションは、Chromiumブラウザ、Googleカレンダー、Googleドキュメント、Thunderbird(メールクライアント)、Gwibber(SNSクライアント)、VLC Player、PiTiVi、Ubuntu Music Player、Ubuntu Photo Gallery、Android Diallerなど。Androidは、Android 2.3 (Gingerbread)以上。ハードウエア要件は、1GHz動作のデュアルコアCPU、512MB RAM、OSディスクイメージ用に2GBのストレージ、ビデオアクセラレーション(Open GL、ES/EGL)、HDMI、USBとなっている。

スマートフォンがナレッジワーカーの最も重要なデバイスになりつつあり、今後はスマートフォンにデスクトップの柔軟性や生産性を求める声が高まってくると、Canonicalは指摘する。「Ubuntu for Androidはハイエンドの携帯電話を、必要に応じてプロダクティブ・デスクトップに変える」とCanonical創設者のMark Shuttleworth氏。「デスクトップは2012年に、クアッドコア搭載の携帯電話のキラーアプリになる」とアピールする。

人気記事

一覧

新着記事

SMAP、解散発表後『スマスマ』で連携プレー - 中居「タイムリーといえば?」
[23:25 8/29] エンタメ
[魔法少女育成計画]追加キャストに水瀬いのり、日笠陽子、西明日香 姉妹声優が双子役に
[22:26 8/29] ホビー
[ガーリッシュ ナンバー]キービジュアル公開 主人公は可愛くクズな新人声優
[22:23 8/29] ホビー
「黒執事」茶屋や「鬼灯の冷徹」原画展、京まふの詳細が続々と明らかに
[22:18 8/29] ホビー
オリラジ中田、しくじり先生発特番『中田歴史塾』9・11放送 - 企画構想7カ月
[22:08 8/29] エンタメ