日本HP、無線LAN標準搭載のビジネスインクジェット複合機と単機能プリンタ

日本HPは2月15日、A4ビジネスインクジェットプリンタの新製品として、「HP Officejet Pro 8600」および「HP Officejet Pro 8600 Plus」の複合機2機種と、プリンタ単機能機「HP Officejet Pro 8100」の計3機種を発表した。3月1日より販売される。

「HP Officejet Pro 8600」

「HP Officejet Pro 8600 Plus」

複合機には、プリンタ機能のほか、自動両面スキャン、コピー、FAX機能を搭載する。HP Direct Plusの価格は、「HP Officejet Pro 8600」が24,990円、「HP Officejet Pro 8600 Plus」が32,970円、「HP Officejet Pro 8100」が19,950円。いずれの機種もインタフェースとして、USB、有線LAN、無線LANを搭載している。

「HP Officejet Pro 8100」

HP Officejet Proシリーズは、SOHOや小規模オフィスをターゲットとしたシリーズ。同社では、これらのユーザーは、価格、印刷スピード、印刷画質・品質を選定・購入の際に重視することから、これらのポイントにおいて機能強化を行っている。

印刷スピードについては、インクヘッド幅、ノズル数を拡大した新プリントエンジンを採用し、高速化を図っており、プリント速度(ISO/IEC24734:Word/Excel/PDF文書の片面連続印刷をプリンタドライバ標準設定で行ったESATの平均値)は、従来機であるHP Officejet 8500A Plusがモノクロ15枚/分、カラー11枚/分であるのに対し、HP Officejet Pro 8600 Plusでは、モノクロ20枚/分、カラー16枚/分と、30%以上向上させている。なお、HP Officejet Pro 8100もモノクロ20枚/分、カラー16枚/分、HP Officejet Pro 8600は、モノクロ18枚/分、カラー13枚/分となっている。

価格については、HP Officejet Pro 8600 Plusの場合、従来機種の39,000円台から32,000円台に値下げしたほか(Direct Plus価格)、新開発の大容量顔料インクで、A4カラー時のインクランニングコストは、従来機の約6.6円から約6.27円に低減している。

印刷画質・品質については、全色顔料インクにより、耐水性とにじみ耐性を確保している。

「HP Officejet Pro 8600 Plus」

インクは、大容量化により、黒の場合、従来機種の2,200枚から2,300枚に、カラーの場合、従来機種の1,400枚から1,500枚に、カートリッジの交換なしで印刷できる印刷枚数を増やしている。

インクカートリッジ(3機種共通)

そのほか、複合機のHP Officejet Pro 8600およびHP Officejet Pro 8600 Plusでは、プリンタの電源ON/OFFを曜日や時間で指定可能になったほか、HP Officejet Pro 8100では、新たにステータスモニターを設け、インクの残量やネットワークの接続状態が確認できるようになっている。

HP Officejet Pro 8100に新たに搭載された2インチモニター

なお、HP Officejet Pro 8600とHP Officejet Pro 8600 Plusの違いは、印刷スピード、モニターサイズ(8600が2.7インチ、8600 Plusが4.3インチ)、ADF(8600が片面対応で35枚搭載可、8600 Plusが両面対応で50枚搭載可)。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事