すべてのMacノートブックは"MacBook Air的な"スタイルになっていくのか

 

現在、Intelを中心にPCメーカーは「Ultrabook」の名称で薄型軽量ノートPC製品のプロモーションを進めているが、価格の高さもあり、本格的な普及は第2世代以降の製品に託されているといった状況だ。一方でMacBook Airで同様のジャンルを切り開いたAppleは、現在同社が持つMacBook Proの製品ラインをすべて「MacBook Airライク」なものへと統一していく意向だという。

現行のMacBook Pro(左)とMacBook Air(右)

この件を報じているのはApple Insider。Appleのロードマップに詳しい人物の話として、同社は2012年内にもノートPC製品ラインナップをハイエンドからローエンドまで一新し、すべてが「MacBook Air」と同様の特徴を持つ製品へと統一されることになるという。今回の話を伝えた人物によれば、「すべての製品はMacBook Airのようになり、現行モデルは同年(2012年)中にもフェードアウトしていくだろう」と述べたとのこと。具体的には、まずMacBook Proの15インチがこの新スタイルでリフレッシュされて登場し、次に数ヶ月後のタイミングで17インチモデルの新版が市場投入されるという。13インチモデルについては触れられていないが、すでにMacBook Airの上位モデルとサイズ的にオーバーラップしているため、このリーク情報が正しいとすれば、今年中に製品ラインが消滅する可能性がある。

もし今回の話が現実になる場合、拡張性の部分がどうなるのかが気になるポイントだ。MacBook Airはメモリもストレージもすべて内蔵部品の1つとして扱われ、BTO以外で変更する手段がない。一方で今回ピックアップされている上位モデルは、8GB以上の搭載メモリへの対応と、大容量HDDの搭載など、「内蔵メモリ+SSD」で知られるMacBook Airとは相容れない特徴を持っている。特にSSDでの大容量ストレージ搭載や内蔵メモリのバリエーションについては、販売価格を高く設定できている大きな要因であり、Appleがどのように対応するのかが注目される。

関連記事
ポリカーボネートMacBookが完全に販売終了 - 教育市場向け販売も終了(2011年2月9日)
米Appleが次世代MacBook Proで2,880×1,800ディスプレイ採用か - 台湾報道(2011年12月15日)
Appleが2012Q1にMacBook Air新製品投入、新たに15インチも追加か - 台湾報道(2011年11月29日)
AppleはノートPC市場ですでにシェアトップ? - 製品トレンドのもう1つの見方(2011年8月10日)
ホワイトMacBookの一般販売終了、廉価モデルの役割はAirに?(2011年7月21日)
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

『アルスラーン戦記 風塵乱舞』、BD&DVD第1巻は9/7発売! 特典など詳細発表
[01:37 7/1] ホビー
[甲鉄城のカバネリ]総集編が前後編で劇場公開
[01:30 7/1] ホビー
TVアニメ『少年メイド』、ニコ生で第1話~第11話の振り返り一挙上映会開催
[01:00 7/1] ホビー
村田雄介が夜食描く新連載、1食目は餃子の皮ピザ!モーニング&モアイで始動
[00:48 7/1] ホビー
月野うさぎ&ちびうさの誕生日にセラミュー新5戦士が駆けつけ、初ダンス披露
[00:38 7/1] ホビー