Apple、Snow Leopard向けセキュリティアップデートの障害対処版を公開

 

Appleは2月1日付けで公開したSnow Leopard向けセキュリティアップデート2012-001に互換性の問題が生じたのを受け、問題を修正した同アップデートのバージョン1.1を公開した。同社Webサイトなどから入手できる。

同アップデートに発生した問題は、マイナビニュースでも既報のとおり、Rosetta環境でアプリケーションが正しく動作しないというもの。今回のバージョン1.1は、当初同アップデートに含まれていた一部のセキュリティフィックスを削除し、障害が発生しないようにしたものとのこと。Webサイトから入手する場合のファイルサイズは、クライアント版の「セキュリティアップデート 2012-001 (Snow Leopard)」が192.73MB、サーバー版の「セキュリティアップデート 2012-001 (Snow Leopard Server)」が212.09MB。

関連記事
Snow Leopardのアップデートにもトラブル? - Rosetta利用アプリに障害報告(2012年2月6日)
アップル、Snow Leopardセキュリティアップデート/各種ツール最新版を公開(2012年2月2日)
OS X Lion 10.7.3適用で多数のクラッシュ報告 - 状況判明まで様子見を(2012年2月3日)
アップル、OS X Lion 10.7.3を公開 - 多言語強化、不具合解決など(2012年2月2日)
アップル、Mac OS X 10.6.8の追加アップデートを公開(2011年7月26日)

人気記事

一覧

新着記事

【特別企画】来春登場! セブン銀行ATMの新サービスで入出金にキャッシュカードが不要になる!?
[19:08 7/29] マネー
加藤綾子、子供たちと歌&ダンス「先生の夢かなった」- 絵本読み聞かせも
[19:03 7/29] エンタメ
いよいよWindows 10無償アップグレード終了 - 今後はやっぱり有料? 元のOSに戻せる?
[19:02 7/29] パソコン
TVアニメ『アルスラーン戦記 風塵乱舞』、お渡し会&公収イベントの開催決定
[19:00 7/29] ホビー
帰省する派は2割弱!? お盆の過ごし方ランキング!
[18:59 7/29] キャリア