マカフィー、スマホ向け最新版「マカフィーモバイル セキュリティ2.0」発表

McAfee Mobile Security 2.0の利用イメージ

マカフィーは2月1日、スマートフォン向け総合セキュリティアプリケーションの最新版、「McAfee Mobile Security 2.0」を発表した。Androidスマートフォンおよびタブレット端末、BlackBerry、Symbian OSを搭載したスマートフォンなどに対応している。

本アプリはユーザーの重要な個人情報を提供するアプリの安全性を評価する新機能が含まれている。また、拒否したい電話番号やスパムのメッセージをフィルタリング機能でブロックすることも可能になった。本アプリの新規購入価格は2,980円。現在マカフィーモバイルセキュリティを使用中のユーザーは無料で本バージョンへアップデートすることができる。

主な機能は以下の通り。ウイルス、スパイウェア、フィッシング対策、不審なプログラムからの保護、Webの安全性評価、情報漏えい防止、デバイスのロック(SIMのデータも含め、全てのデータをリモートでロックしデバイスに「私に連絡してください」などのメッセージを表示することで、ユーザーの携帯電話および個人データの悪用を防ぐ)、データのリモート消去、バックアップおよびデータの復元、位置特定および追跡、アプリの安全性評価、迷惑電話/SMS対策、オンライン管理など。

人気記事

一覧

新着記事