「Edy」のサービス名称が『楽天Edy』に6/1から変更、社名・ロゴも変更に

 

楽天の子会社で電子マネー「Edy」を運営するビットワレットは1日、2012年6月1日から、商号、サービス名称およびロゴを変更することを決定したと発表した。

ビットワレットは、2010年1月に楽天グループに入り、今年で3年目を迎えた。楽天グループとしての位置付けをさらに明確化し、グループの各サービスとの相乗効果の最大化を図るために、ブランドを変更する。

商号は「ビットワレット株式会社」から「楽天Edy株式会社」に、サービス名称は「Edy(エディ)」から「楽天Edy(ラクテンエディ)」に変更。ロゴも以下のように変更する。

新ブランドの適用以降も、Edy搭載型カードや携帯・スマートフォンなどのEdy、各種ポイントやマイルが貯まるサービス(「Edyでポイント」)やEdy加盟店での利用環境など、各サービスは従来通り使うことができる。

今後、さらに楽天ユーザーによるEdyの利用促進を図るため、楽天が運営する「楽天市場」の出店店舗向け特別料率プランの導入や、楽天市場ユーザー向けポイント付与サービスの充実など、「満足してもらえる施策を提供する予定」としている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

対話で献立を相談、ご飯とおかずを同時に作る - シャープのIoTオーブン「ヘルシオ」を使ってみた
[11:30 7/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】脱・PCメール! 「ビジネス版LINE」でキャリア認定ショップにおけるコミュニケーションの課題を解決
[11:30 7/26] 企業IT
【連載特別企画】5分でわかる! フラッシュストレージの基礎講座 第2回 キャッシュとストレージの違いは?
[11:30 7/26] 企業IT
自社運用が必須条件の西鉄グループはどのサンドボックスを選んだのか?
[11:30 7/26] 企業IT
夏休み中の男の子に着せたい! ユニクロのオススメ・キッズ夏服4選
[11:30 7/26] ライフスタイル