「Edy」のサービス名称が『楽天Edy』に6/1から変更、社名・ロゴも変更に

 

楽天の子会社で電子マネー「Edy」を運営するビットワレットは1日、2012年6月1日から、商号、サービス名称およびロゴを変更することを決定したと発表した。

ビットワレットは、2010年1月に楽天グループに入り、今年で3年目を迎えた。楽天グループとしての位置付けをさらに明確化し、グループの各サービスとの相乗効果の最大化を図るために、ブランドを変更する。

商号は「ビットワレット株式会社」から「楽天Edy株式会社」に、サービス名称は「Edy(エディ)」から「楽天Edy(ラクテンエディ)」に変更。ロゴも以下のように変更する。

新ブランドの適用以降も、Edy搭載型カードや携帯・スマートフォンなどのEdy、各種ポイントやマイルが貯まるサービス(「Edyでポイント」)やEdy加盟店での利用環境など、各サービスは従来通り使うことができる。

今後、さらに楽天ユーザーによるEdyの利用促進を図るため、楽天が運営する「楽天市場」の出店店舗向け特別料率プランの導入や、楽天市場ユーザー向けポイント付与サービスの充実など、「満足してもらえる施策を提供する予定」としている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

米Uber、FintechスタートアップBettermentと提携、ドライバーの年金計画で
[08:05 8/25] 企業IT
Win10スマホ「MADOSMA Q601」はビジネスシーンで使えるか
[08:00 8/25] 企業IT
TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』、石田燿子が歌うOP曲のタイトルが決定
[08:00 8/25] ホビー
Apple IDを完全に削除できますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 8/25] スマホとデジタル家電
NVIDIA、自動運転車向けSoC「Parker」を正式に発表
[08:00 8/25] テクノロジー