米Appleのリテール担当SVPに英Dixons RetailのCEOが就任

 

米Appleは1月30日(現地時間)、同社リテール事業担当シニアバイスプレジデントにJohn Browett氏が就任したと発表した。同氏は欧州を中心に家電量販チェーンを展開する英Dixons RetailのCEOで、昨年2011年11月にAppleを去ったRon Johnson氏の後任として今年4月より同職へと就任する見込み。

Browett氏は小売業界では蒼々たるキャリアを持つ人物であり、2007年よりDixons RetailのCEO職に就任しているほか、その前は英国最大の小売りチェーンであるTescoのエグゼクティブやそのオンライン部門であるTesco.comのCEO職に着いている。主に英国を中心に小売業界大手を渡り歩いてきた人物だ。一方、同氏が就任することになるリテール事業担当SVPを昨年まで務めたRon Johnson氏は、Apple躍進の原動力の1つである「Apple Store」「Genius Bar」といったメーカー直営ストアの運営形態の原型を作り、その事業を軌道に乗せた人物として知られている。Johnson氏は前職の米Targetから2000年にAppleへと移籍した後、10年あまりにわたってApple Retail Storeを世界中に300店舗以上展開し、2011年11月にデパート業界老舗の1つである米J.C. PennyのCEOへと就任した。

Apple Retail Storeをこれだけ成功させた人物の後任となると、投資家やその周囲からは相当なプレッシャーを受けることになるが、Browett氏の経歴を見る限り、それに相応しいキャリアの持ち主だといえるかもしれない。Dixonsは英国や欧州各国でCurrysとPC Worldという名称で家電小売りチェーンを展開していることで知られている。なおWall Street Journalによれば、Dixonsの株価は年初から40%の急騰を見せていたものの、今回の人事発表を受けて31日のロンドン市場での取引価格で13%の急落となっている。

関連記事
Apple、直販店を計画中と米紙報道、モデルはGateway、Sony、Nike? (2000年10月2日)
Apple Storeの向かいにMicrosoft Store、シリコンバレーで火花 (2011年11月11日)
駅ナカ市場を狙うApple - グランドセントラル駅店まもなくオープン(2011年12月8日)
新Apple Storeアプリでは、店員を介さず商品購入が可能 - 現在は米国のみ (2011年11月10日)
【レポート】米Apple ナンバー2、「iPad、ライバルとNetbook、最新戦略」を明かす(2010年2月25日)

人気記事

一覧

新着記事

ここが変わった! キヤノン「EOS 5D Mark IV」 - Mark IIIと実機比較
[08:22 9/1] スマホとデジタル家電
Wi-Fiをオンにするやいなや「ポケモンGO」の現在位置が正確になります!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 9/1] スマホとデジタル家電
大東駿介、『曇天に笑う』で大刀のリアルな殺陣披露「派手に暴れ散らした」
[08:00 9/1] エンタメ
節電対策として家で行っていることは?
[08:00 9/1] マネー
総研大、縄文人の奥歯からDNAを抽出して核ゲノムの配列を決定
[08:00 9/1] テクノロジー