企業でApple製品を利用するITワーカーの比率は2割超 - 米Forrester調査

 

調査会社の米Forrester Researchは1月26日(現地時間)、欧米を拠点にする1万人のITワーカーと3350人のITハードウェア導入決定権を持つ人物らを対象にした調査で、21%以上のユーザーがApple製品を利用しているというレポートを発表した

この件についてはZDNetなどが詳しく報じている。それによれば、企業におけるAppleデバイスの利用率はiPhoneが11%、iPadが9%、Macが8%。このうち6%が複数のデバイスを重複して所有しているといい、最終的には21%という全体の利用率になる。今回の調査を担当したForresterのFrank Gillett氏は、そのポイントについて「iOSやMacの企業内でのサポートがどれだけあるのか」という点を挙げているが、特にiPhoneについては企業内での公式サポート率が年々上昇しており、2012年時点で55%と、すでに企業導入向けデバイスとして一定の評価を得ていることがわかる。

MacやiPadについても3割以上の企業がすでに(最低でも)部分サポートを表明しており、今後サポート計画やIT部門、従業員の関心の有無までを含めると、Macで6割超、iPadで8割超の企業が何らかの形でApple製品をサポートする可能性があることがわかる。ZDNetの抽出したデータで面白いのは、ディレクター以上の権限を持つ従業員でApple製品を利用している比率が41%と高いことで、すでにApple製品自体のプレゼンスが上層部で高いことがわかる。これは意志決定でも有利に働くとみられ、今後の推移に興味が出てくるところだ。

関連記事
エンタープライズでのApple製品利用が拡大 - コンシューマ人気をバックに(2012年1月20日)
Appleの10-12月期決算は過去最高づくし - iPhoneが128%増(2012年1月25日)
Appleは2012年に世界最大のPCメーカーになる? - 曖昧になる境界線 (2011年12月1日)
Apple 7-9月期決算、純益54%増 - MacとiPadが過去最高 (2011年10月19日)
Windows 7ライセンス販売が伸び悩み? - PC販売台数との関係を考察 (2011年7月27日)
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

テラハ新シリーズの舞台はハワイ! 新メンバー出演番組のライブ配信も決定
[01:00 9/27] エンタメ
[テラスハウス]海外初進出 新シリーズはハワイで展開
[00:31 9/27] エンタメ
TVアニメ『orange』が映画化! 『orange -未来-』が11/18より2週間限定公開
[00:00 9/27] ホビー
[パトレイバー]後藤隊長カレンダーが「月刊!スピリッツ」付録に 「みんなで幸せになろうよ」
[00:00 9/27] ホビー
[にゃんこデイズ]テレビアニメ化決定 擬人化したネコと人見知りの少女の日常描いた4コママンガ
[00:00 9/27] ホビー