アップル「AirMacユーティリティ」刷新、Wi-Fiネットワーク管理が容易に

オーバービュー画面でグラフィカルにWi-Fiネットワークとベースステーションを表示

アップルは1月30日、AirMac Express/ AirMac Extreme/ Time Capsuleを設定・管理するためのMac用ユーティリティソフト「AirMacユーティリティ」のバージョン6.0をリリースした。システム条件はOS X Lion 10.7.2以上。

AirMacユーティリティ 6.0にアップデートすると、Wi-Fiネットワークやベースステーションをグラフィカルに示すオーバービュー画面が表示されるようになる。同画面を通じて、ネットワークの接続状況、ファームウエアのアップデートや新規AirMacベースステーションの有無などをひと目で把握でき、ベースステーションやネットワークのアイコンをクリックするだけでそれぞれの詳細情報 (アドレス、シリアル番号、ファームウエア・バージョン、接続クライアントなど)を確認できるなど、従来よりも効率的なWi-Fiネットワーク管理が可能。セキュリティモードやワイヤレスチャンネルなど高度な機能の設定・管理が必要な場合は、ベースステーションの詳細情報内の「編集」からアクセスする。

アップルはまた、同日に802.11n AirPort Express/ 802.11n AirPort Extreme/ Time Capsule向けの「ファームウエア・アップデート7.6.1」の提供を開始した。ワイヤレス性能に関する問題を修正し、AirMacディスクまたはTime Capsule内のハードドライブへのiCloudアカウントを用いたリモートアクセスを可能にする。

人気記事

一覧

新着記事