KCCS、ビックデータを解析するレコメンデーションサービスを提供

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は1月25日、サイジニアのレコメンデーションサービス「デクワス」を、ECサイト事業者向けにSaaS型で提供を開始すると発表した。価格は税込で月額15万7,500円から(別途、初期費用が必要)。

KCCSは、データセンター事業で培った大規模インフラ運用/クラウドサービスのノウハウを生かし、ビッグデータから嗜好性に基づきユーザーグループを解析、ユーザーの嗜好に沿った有益な情報を抽出するサービスを提供する。

従来のレコメンデーションサービスは、行動や閲覧履歴に基づき、統計的に多い組み合わせを表示することしかできず、一部の人気アイテムに偏ってしまう傾向がある。

これに対し、デクワスは、サイジニアの開発した「複雑ネットワーク理論」に基づく独自解析アルゴリズムにより、ユーザーの嗜好に沿ってロングテールの商品まで勧めることを実現する。そのため、ユーザーに対し「知らなかった」「探せなかった」商品と出会う楽しいショッピング体験を提供する。

この結果、ECサイトにおいては、ユーザーの回遊率、PV数を向上させ、商品購入機会の増加に貢献する。

「デクワス」の概要

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事