米アップル、ふたたび時価総額世界一に

 

Apple本社

米ナスダック市場に上場するアップルの株価が1月25日(米国時間)に454.44ドルで始まり、同社の時価総額が一時的にエクソンモービルを上回って世界一になった。

アップル株は前日の終値から約8%上昇し、時価総額が4236億ドルになった。石油大手エクソンモービルは前日終値からわずかに下げた86.77ドルで始まり、その時点で時価総額が4156億ドルでアップルを下回った。

アップルが時価総額世界一になったのは昨年8月以来だ。同社は2011年のホリデーシーズンにiPhone、iPad、Macの販売記録を更新、24日(同)に発表した2012年度第1四半期(2011年10月-12月)決算がアナリストの予想を上回る内容であったことからアップル株および関連株が活発に買われた。

人気記事

一覧

新着記事

モノのデザイン 第7回 ブランドの象徴「金のリング」を"再定義" - タムロン 一眼レフ用交換レンズ「SPシリーズ」(後編)
[09:40 7/26] 企業IT
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス