トヨタ自動車、NHK大河ドラマゆかりの地を巡るiOS/Androidアプリ

トヨタ自動車は、NHKエンタープライズ協力のもと開発を行った、大河ドラマゆかりの地のガイドしてくれるというiOS/Androidアプリ「大河ドラマ50 ドライブラリー」の提供を開始した。ダウンロードは無料。

「大河ドラマ50 ドライブラリー」

同アプリは、NHK大河ドラマに登場した地域や観光名所、歴史や文化、ドラマのエピソードを見たり調べたりしながらドライブを楽しめるというもの。作品ごとに設定されたドライブスポットを実際に訪れて「チェックイン(位置登録)」すると、その度ごとに、アプリ上の自分の身分が出世していくという「アバター出世機能」、ドライブスポットに着くと、ドラマゆかりのオリジナルフレームが登場して写真の撮影ができ、メッセージを添えて仲間と共有し合える「旅の思い出機能」などを搭載する。

第一弾として配信されるのは、「信長 KING OF ZIPANGU」(1992年)、「秀吉」(1996年)、「竜馬がゆく」(1968年)、「天地人」(2009年)、「平清盛」(2012年)の5作品にちなんだドライブコース。今後、定期的に新しいコースを配信し、2013年4月までに51作品分のドライブコースを提供する予定であるという。

人気記事

一覧

新着記事