ドコモの新サポートサービス対応のAndroidスマホ「MEDIAS ES N-05D」登場

NTTドコモは1月24日、Androidスマートフォン「MEDIAS ES N-05D」を発表した。全国のドコモ取扱店で2月下旬~3月に発売する予定。同日発表された新サービス「スマートフォンあんしん遠隔サポート」に対応したモデルで、厚さ6.7mmのスリムなボディが特徴。

MEDIAS ES N-05Dは、約4.3インチ(720×1280ドット)のTFT液晶を搭載したスマートフォン。専用のコールセンタースタッフが端末の状態を遠隔で確認して端末操作をサポートする新サービス「スマートフォンあんしん遠隔サポート」に対応する点が特徴。

MEDIAS ES N-05D。カラーバリエーションはPink、White、Blackの3色

機能面では、約810万画素のCMOSカメラを搭載する。このほか、ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信といった日本の携帯電話でおなじみの機能が利用可能。防水(IPX5/8)、防塵(IP5X)も備える。

MEDIAS ES N-05Dは、全国のドコモショップにて事前予約を受け付ける予定。予約開始日が確定次第、NTTドコモのWebサイトで告知される。

(記事提供: AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事