Fortune「最も働きがいのある会社ベスト100」が発表、今年の首位は?

ニュース
トップ

Fortune「最も働きがいのある会社ベスト100」が発表、今年の首位は?

  [2012/01/24]

米国SAS Institute(以下、SAS)はこのほど、米Fortune誌が毎年発表する「最も働きがいのある会社ベスト100(100 Best Companies to Work For)」の2012年版において、第3位に選出されたと発表した。

同ランキングの選出にあたり、Fortuneは、45カ国以上で展開するグローバルな調査・コンサルティング機関である米国Great Place to Workと(以下、GPTW)提携しアンケートを実施した。同調査は、設立5年以上で、米国内の社員数1,000人以上の企業を対象とし、今回は280社の24万6,000人以上の社員が回答した。

得点の3分の2が、無作為に抽出された各社の従業員に送付されるGPTW「信頼指数(Trust Index)」アンケートの結果によるもの。アンケートでは、経営陣の信頼性、仕事に対する満足度、仲間意識などに関する質問が行われる。

得点の残りの3分の1は、各社の給与や福利厚生制度に関する詳細な質問と、採用方法や社内のコミュニケーション、トレーニング、評価プログラム、多様性に関する自由形式の質問で構成される「職場文化の審査(Culture Audit)」への企業の回答によるもの。

1998年の調査開始以来、SASは毎年ランクインしており、トップ10入りしたのは今回で9回目。同社では、「イノベーションこそが、ビジネス・アナリティクスのリーダー企業である同社の成功へのカギであり、そのためには社員の幸福と健康が欠かせない」と考えている。

例えば、同社は医療センター、フィットネスセンター、補助金付きのチャイルドケアセンターなどの施設と、健康奨励プログラムなどを多数提供し、社員がストレスを軽減できるよう支援を行っている。その結果、年間離職率が平均22%というソフトウェア業界において、3.3%という業界トップクラスの低離職率を実現。

同日行われた業績発表では、同社の2011年売上高が前年比12%増の27億2,500万米ドルを記録したことが明らかになり、結果、創業以来36年連続の増収増益が達成された。

米フォーチュン誌「最も働きがいのある会社ベスト100」のトップ10

順位 企業名 成長率 正社員数※1
1 グーグル(Google) 33% 18,500
2 ボストンコンサルティング(Boston Consulting Group) 10% 1,958
3 SAS Institute 8% 6,046
4 Wegmans Food Markets 5% 41,717
5 Edward Jones 1% 36,937
6 NetApp 30% 6,887
7 Camden Property Trust -2% 1,678
8 Recreational Equipment (REI) 12% 10,466
9 CHG Healthcare Services 17% 1,312
10 Quicken Loans 20% 3,808

※アメリカにおける正社員数

全ランキングと関連記事は、フォーチュン誌2月6日号に掲載されるほか、同誌のWebサイトではすでに公開されている。

関連したタグ
    

    マイナビニュースのセミナー情報

    オススメ記事

    マイナビニュースの集合特集

    関連記事

    関連サイト

    新着記事

    転職ノウハウ

    あなたの仕事適性診断
    あなたの仕事適性診断

    4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

    Heroes File ~挑戦者たち~
    Heroes File ~挑戦者たち~

    働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

    はじめての転職診断
    はじめての転職診断

    あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

    転職Q&A
    転職Q&A

    転職に必要な情報が収集できます

    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

    入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      特別企画

      一覧

        求人情報