米Apple、インタラクティブ教科書対応の新書籍ストアとオーサリングツール

 

米Appleは米ニューヨークで1月19日(現地時間)に開催されたイベントで、「iBooks 2 for iPad」を発表した。新バージョンの特徴は「iBooks textbooks」と呼ばれるインタラクティブでリッチな"デジタル教科書"の機能を包含したことで、パートナーとしてHoughton Mifflin Harcourt、McGraw-Hill、Pearsonらがコンテンツを14.99ドル以下の価格で供給している。また「iBooks Author」という無料ツールを使って、誰でもMac上でiBooks textbooksを作成できる点も特徴となる。

インタラクティブなデジタル教科書「iBooks textbooks」

Appleによれば、iBooks textbooksはインタラクティブなアニメーションや図版、写真、動画などを用いたリッチコンテンツとなる。また、デジタルメディアという特性を活かして、持ち運びが容易で、かつ最新のバージョンがつねに提供された状態で教科書の返却の必要もないというメリットがあるとアピールしている。米Appleでワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントを務めるPhil Schiler氏は「教育はAppleのDNAであり、iPadがわれわれの教育向け製品で最も素晴らしいものとなるかもしれない。すでに教育機関向けに150万台のiPadが配布され、そのうち1,000台以上が個人向けに提供されたものだ。米国だけでなく、世界でも急速にiPadの教育機関での利用が進んでいる」とコメントしている。

iBooks 2 for iPad

「iBooks 2」は従来の電子書籍だけでなく、今回新たに提供が開始される教育向けインタラクティブコンテンツを利用するためのアプリとなる。ビジュアルやアニメーションを駆使したリッチなコンテンツというだけでなく、従来の電子書籍アプリから引き継いだ検索機能に加え、文章のハイライトやメモ、レッスンのレビューや学習カードなど、学習に必要なツールを各種備えた総合学習アプリの役割も果たす。

iBooksコンテンツのオーサリングツール「iBooks Author」は無料提供

今回の発表で大きなポイントとなるのが「iBooks Author」。これは、無料のオーサリングツールとしてAppleから提供されるものだ。このツールを使ってリッチなiBooksコンテンツを作成することが可能で、さまざまなマルチメディアオブジェクトを埋め込むことができ、テンプレートを使ったマルチタッチ/ドラッグ&ドロップ操作を含むインタラクティブコンテンツ、さらにはPagesやMicrosoft Wordの文章取り込みなど、一通りの編集機能を備える。そしてもちろん、iBooks textbooksのコンテンツも作成できる。

「iBooks Author」はMac App Storeからダウンロード可能だ

作成したiBooksのデータはiTunes Uを通じて複数のユーザーで共有できるほか、オンライン書籍ストアのiBookstore上で無料または有料で配布が可能。出力形式としてPDFも選択できるため、iBooksアプリのない環境でもある程度コンテンツの配布が行える。iBooks AuthorはMac App Storeで無料配布されており、Mac OS X 10.7.2以上のユーザーであれば誰でもダウンロードして利用可能だ。

関連記事
米Apple「iBooks 2 for iPad」でテキストブックを再定義 (2011年1月20日)
Apple、1月19日に特別イベント - 教育分野の発表を予告 (2011年1月12日)
米Appleが1月末NYで開催と噂のスペシャルイベント、内容は教育分野? (2011年1月4日)
【コラム】「Adobe Digital Publishing Suite」による電子出版を考える(2011年6月20日)
【レポート】電子書籍の新フォーマット「EPUB3.0」に関するアドビ システムズの取り組み(2011年2月14日)
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

声優・小倉唯、7thシングル「Future Strike」よりMUSIC VIDEOの一部を公開
[01:00 10/2] ホビー
ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット
[00:21 10/2] 趣味
いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜
[00:21 10/2] 趣味
観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント
[00:21 10/2] 趣味
スクート、新千歳=台北=シンガポール線就航「構想から長い時を経て」
[21:34 10/1] 趣味