米Apple「iBooks 2 for iPad」でテキストブックを再定義

米Appleは1月19日(現地時間)、米ニューヨークでプレスイベントを開催し、テキストブック向けの新プラットフォームを明らかにした。メディア・サポートを強化した「iBooks 2 for iPad」をリリース、豊かでメディアリッチな電子ブックを簡単に作成できるオーサリングツール「iBooks Author」を用意し、またテキストブック専門セクションをiBookstoreに新設した。iBooks 2 for iPadはApp Storeから、iBooks AuthorはMac App Storeで同日より提供が始まっており、価格はどちらも無料。

プロダクティビティ・アプリケーション担当のバイスプレジデントであるRoger Rosner氏によると、iPadを用いた新しいテキストブックを開発する過程で、同氏のチームは「なめらかナビゲーション」「美しいグラフィックス」「便利で簡単なメモ機能」の3つに焦点を当てたという。iBooks 2 for iPadは、テキストや写真のほか、ビデオ、オーディオ、インタラクティブに操作できる3Dオブジェクト、Keynoteアニメーションなどを組み込んだページを、マルチタッチを使って流れるように操作できる。美しく細部までこだわったレイアウトを再現でき、インタラクティブ・オブジェクトや動画などをピンチするとフルスクリーンに広がり、ユーザーはより迫力のある表示でコンテンツに触れられる。また、容易にハイライトやメモを加えられるようになっている。ハイライトしたい部分の一部を長押しするとハイライトが現れるので、上下左右になぞってハイライト範囲を広げる。iOSのテキスト選択機能を使う必要はない。ハイライトした部分をタップすると、メモ書きや検索を実行できるツールが現れる。

美しいレイアウトでメディアリッチなiPad版のテキストブック

ページ上の写真をピンチすると、フルスクリーン表示のアニメーションに

テキストに触れてドラッグするだけの簡単な操作でハイライトを追加、メモもすばやく書き加えられる

ハイライトやメモ、用語集などは、自動的にカード表示で整理される

iBooks Authorは、iPad向けのインタラクティブな電子ブックを作成するためのMac用パブリッシングツールだ。インターネット・ソフトウエア&サービス担当シニアバイスプレジデントのEddy Cue氏は「iPad向けの美しいマルチタッチ対応電子ブックを、だれでも作成できる」と断言する。iWorksシリーズのプロダクティビティソフトと同じようにAppleが用意するテンプレートを土台に作成する方式で、テキストや画像、各種メディアを追加し、ドラッグ&ドロップでページを整え、クリック操作でマルチタッチ・ウイジェットを埋め込んで完成させる。

iBooks Author

メディアリッチなiPad向けの電子ブックはiBookstoreで配信できる。米国ではHoughton Mifflin Harcourt、McGraw-Hill、Pearsonなどがテキストブックの同ストアでの販売を開始した。教育向けタイトルは、ほとんどが14.99ドル以下に設定されている。ユーザーはiBookstoreのテキストブック・セクションや検索機能を使って、簡単に必要なテキストブックを見つけられ、すぐに購入可能。印刷版のテキストブックは新版になるまで内容が変わらないが、電子ブック版はいつでもアップデートの提供が可能であり、学生は常に最新版のテキストブックを使用できる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事