FreeDOS 1.1、USBブートイメージ公開

FreeDOS is a free DOS-compatible operating system for IBM-PC compatible systems.

FreeDOS 1.1カーネルを搭載したUSBブートイメージが公開された。FreeDOS 1.1は1月1日(米国時間)に公開されたFreeDOSの最新版。公開と同時にISOイメージでのディストリビュションが提供されていた。

今回、USBブートイメージが公開されたことで、USBメモリなどを使ったFreeDOS 1.1の起動や利用が可能になる。DVD/CDなどのドライブがない機器の場合でも、インストールが簡単に行えるようになる。

FreeDOSは、BIOSの更新用プログラムや組み込みシステムなどに採用されることが多いディストリビューション。軽量で扱いやすいという特徴があり、MS-DOSで利用していたソフトウェアを使用するためのOSとして採用されることもある。PCでメインのOSとして採用されるというよりも、小型デバイスや性能の低いデバイスを活用するために使われることが多い。

FreeDOS 1.1は5年以上経ってのメジャーアップグレード版であり、FAT32対応強化や高性能TCP/IPアプリケーションの導入、USBコントローラの初期サポートとUSBフラッシュディスクの限定的サポートといった特徴がある。各種ドライバもアップデートされるなど、1.0よりも扱いやすい状況になっている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事