「あらゆる紙情報をiPadへ」キングジム、iPad専用のドッキングスキャナ発表

 

キングジムは1月17日、iPadを接続して文書を電子化するドッキングスキャナ「i スキャミル」を発表した。発売は2月17日から、価格は15,540円。専用アプリ「i-Scan」はApp Storeより無料配信する。初年度3万台の販売を見込む。

「i スキャミル」は、iPadとスキャナ本体をドックコネクタで接続して、iPadに直接データを取り込むことができるiPad/iPad2専用のスキャナ。紙文書を電子化する“自炊”ブームなどのブームを背景に、「アナログの紙情報を電子化してiPadで一元管理するニーズ」に着目し、開発に着手したという。

「i スキャミル」

スキャンされた文書は、最大300dpiの読み取り解像度でJpegの画像として保存される。読み込みサイズは名刺や写真、A4判の書類など幅216mm×送り356mmまで対応する。

電源はACアダプタ。本体サイズは約W308×D111×H72mm、重量は約655g。対応OSは、iOS4.3.5以降。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

NEDO、IoTデバイス開発のためのオープンイノベーション拠点を産総研に構築
[15:44 9/30] テクノロジー
脱臭・脱煙で燻製を作れるコンベクション式スモークトースター - 小泉成器
[15:43 9/30] スマホとデジタル家電
【特別企画】疲れた体を癒すには「食生活」の変化から! 今日から始めるフルーツLife
[15:29 9/30] 趣味
黒島結菜、リクルートスーツでドラえもんとコラボ! マイナビ広告キャラに
[15:27 9/30] エンタメ
[テラスハウス アロハ ステート]ハワイ版新メンバー6人発表 YOU&トリンドルを射止めたメンバーとは?
[15:23 9/30] エンタメ