Google、人気の2D物理エンジンを「Dart」プログラミング言語へ移植

Dart: Structured web programming

Googleは1月11日(米国時間)、物理エンジン「Box2D」を「Dartプログラミング言語」へ移植したことを発表した。成果物はDartBox2D (Box2D ported to Dart)と呼ばれている。

DartBox2Dは、Java版のBox2Dを移植のベースとしており、現段階は純粋に移植しただけの状態で、Dart特有の機能などはまだ使われていない。また、本格的なパフォーマンスチューニングも実施されていないが、すでに相応のパフォーマンスを実現していると説明されている。

DartBox2Dの動作はデモサイトで確認することができる。Googleは今後、DartBox2DをDartの特徴的なプログラミングテクニックを適用したものへと書き換えていくことで、Dartプログラミングにおけるアプリケーションプログラミングの参照実装として活用していきたいとしている。

DartBox2Dデモ - Blob Test

DartBox2Dデモ - Circle Stress

DartBox2Dデモ - Domino Platforms

DartBox2Dデモ - Domino Tower

「Dart」は、Googleが2011年10月に発表した新しいプログラミング言語。JavaScriptの代替としての位置づけにあり、将来的にGoogle ChromeにDartの仮想マシンが統合されるものと見られるが、現在のところは独立したDart仮想マシンで実行するか、JavaScriptへ変換してブラウザで動作させる必要がある。

Dartはオブジェクト指向の機能が取り込まれており、大規模Webアプリケーションの開発に向いているとされている。GoogleはC言語の代替または改良としてGo言語を、JavaScriptの代替としてDartを発表するなど、プログラミング言語の開発にも取り組んでいる。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事