ランティスがiPhoneアプリ「ギター少女」を発表 - 12月30日より提供開始

ランティスとLMDは21日、iPhone向け音楽アプリ「ギター少女」の記者説明会と声優の小倉唯さん、アニメーターの渡辺敦子さんを招いた座談会を東京・秋葉原にて行った。同アプリは12月30日からApp Storeにてリリースされる。

スマートフォン向けアプリ「ギター少女」

ギター少女は、オリジナルキャラクターの「御茶水エリカ」が歌う楽曲を視聴して楽しめるスマートフォン向けアプリ。彼女との疑似デートを楽しめるゲーム要素も搭載する。御茶水エリカは16歳の女子高校生という設定で、キャラクターボイスを声優の小倉唯さん、デザインをアニメーターの渡辺敦子さんが担当している。今月末にiPhone向けにリリースされ、ゆくゆくはAndroid端末向けにも移植する予定だという。

記者説明会では、音楽プロデューサーのランティス代表取締役副社長の伊藤善之氏がギター少女についてコメント。「手元のiPhoneで可愛い女の子がギターを弾きながら歌を歌うという企画に衝撃を受けた」と、コンテンツ制作の話があがった当初のエピソードを披露した。また、LMDのデジタルコンテンツディレクターの榊正宗氏からはアプリの機能の説明があった。

伊藤氏(写真左)と榊氏

ギター少女に使用される楽曲はアプリ内ストアで購入するかたちで、曲目は順次追加されていくという。すでに配信が決定している曲はオリジナル曲のCandy Beat、ラムのラブソング、ゲッターロボ! 、B・BLUEなどだ。リリース楽曲はスマートフォンアプリを利用している層を意識した懐メロ、キャラクターに雰囲気が合っているアニメソング、意外性を狙った曲のロックアレンジなど、様々な観点から選曲されているという。

アプリ内ストアで楽曲を購入する

コミュニケーションをはかれるデート機能を搭載。衣装や背景の変更などもできる

ミキサー機能でボーカルだけ、伴奏だけの再生なども可能

なお、御茶水エリカは、キャラクターボイスを担当した小倉唯さんと同じ年齢・身長という設定になっているという。小倉さんは座談会で、「スマートフォンアプリという新しい技術に自分も関われることが新鮮で嬉しい」と素直な感想を述べていた。イラストを担当したアニメーターの渡辺敦子さんは、「今後、衣装や背景画像を増やしていく予定があり、いまから楽しみ」とコメント。

小倉さん(写真左)と渡辺さん

最後に伊藤善之氏は「とても未来のあるコンテンツ。将来的にはリアルな音楽展開やアニメ化など、ギター少女をマルチに展開していけたら、と考えている」と力強く語った。

アプリの利用イメージ画像。歌詞も表示される

人気記事

一覧

新着記事