東芝、20%以上コストダウンの家庭用燃料電池「エネファーム」の新製品

ニュース
トップ

東芝、20%以上コストダウンの家庭用燃料電池「エネファーム」の新製品

  [2011/12/21]

東芝と東芝燃料電池システムは12月20日、家庭用燃料電池(PEFC)「エネファーム」の新製品を2012年3月から販売元である都市ガス会社やLPガス販売会社向けに出荷すると発表した。同日、大阪ガスが2012年4月2日より同製品を発売開始すると発表した。

新製品は、発電効率を現行品の35%から38.5%に、発電時に発生する熱の回収効率を現行品の45%から55.5%に向上させることで、総合効率94%を実現している。同社は従来システムに比べ、年間のCO2排出量を約1.5トン削減、年間の光熱費を約6.1万円軽減できるとしている。

技術開発による部品点数の削減や低コスト材料の採用などにより、現行品に比べて20%以上コストがダウンしている。大阪ガスでの現金標準価格は、現行品に比べて約65万円安い260万4,000円となっている。

大阪ガスが販売する家庭用燃料電池「エネファーム」。左が新製品で右が現行品

エネファームの仕組み

東芝は2012年度の家庭用燃料電池の販売目標を1.5万台とし、2015年度には5万台の販売を目指している。

関連したタグ


オススメのホワイトペーパー [PR]

一覧

転職ノウハウ

あなたの仕事適性診断
あなたの仕事適性診断

4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

Heroes File ~挑戦者たち~
Heroes File ~挑戦者たち~

働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

はじめての転職診断
はじめての転職診断

あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

転職Q&A
転職Q&A

転職に必要な情報が収集できます

ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

特別企画 [PR]

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    東野幸治、橋下市長から次期"大阪府知事"に指名される!?
    [11:00 8/2] エンタメ
    【ハウツー】似ているようで結構違う「LINE」と「Skype」 - どう使い分けるのがおススメ?
    [11:00 8/2] 携帯
    76%が「自身に稼ぐ力がある」--稼ぐ力を高めるための投資額は月1万8,000円
    [11:00 8/2] キャリア
    アンデルセン、糖質を抑え食物繊維を増やしたパン「フスマンブラン」発売
    [11:00 8/2] ヘルスケア
    武蔵野銀行、「共同MCIFセンター」参加--地方銀行8行とマーケティング共同化
    [11:00 8/2] マネー

    特別企画 [PR]

    一覧

      求人情報