米国携帯契約者の約半数がスマートフォンを利用 - Nielsen調査

 

米国におけるスマートフォンユーザーの割合が急拡大している。米Nielsenが「State of the Media: The Mobile Media Report」の中で、2011年8-10月期の米国における携帯電話契約者のうち、44%がスマートフォンユーザーだったと報告している。2009年第3四半期(7-9月期)のシェアは18%であったため、約2年間で2倍以上に拡大したことになる。

2009年時点では男性ユーザーのスマートフォン比率が高かったが、現在ではわずかながら女性ユーザーの比率が高いようだ。また最新調査では、年齢別で25-34歳のスマートフォン比率が64%でトップ、次いで18-24歳が53%、35-54歳が47%で追いかけている。高齢者は25%程度と低めだが、コアとなる年齢層ではすでにスマートフォン比率が高くなっており、トレンドはスマートフォンを中心としたものへとシフトしつつあると考えていいだろう。なお、年齢構成別のスマートフォン比率の順位は2009年と2011年で同じとなっている。

アプリに関しては、スマートフォンユーザーの大部分にあたる62%が利用しており、過去1ヶ月の人気カテゴリトップはゲームだった。またアプリ利用ユーザーの83%がiOSまたはAndroidデバイスからのものだという。Androidデバイスについては、年齢層が高いユーザーほどゲームを好み、若いユーザーほどソーシャルやエンターテイメント系のアプリを利用する傾向が強いようだ。モバイルインターネットの利用も多く、2010年との比較で45%ほど利用比率が拡大している。

なお、同調査については、資料の抜粋をMSNBCがダウンロードで入手可能な状態でまとめている

(提供:AndroWire編集部)

関連記事

AndroidユーザーはWebブラウジングよりアプリがお好き? - Nielsen調査より (2011年08月19日)

人気記事

一覧

新着記事

1人のWebエンジニアがVRアプリを2週間で作った話
[08:00 7/2] 企業IT
【連載】鉄道トリビア 第361回 箱根登山鉄道があじさいを植えた理由は観光客のためではない!?
[08:00 7/2] ホビー
【インタビュー】「ワンキュッパ」で三大キャリアに挑むY!mobile - ユーザーを取り込む積極的な取り組みについてキーマンに聞いた
[08:00 7/2] スマホとデジタル家電
【レビュー】Astell&KernのハイコスパDAP「AK70」レビュー - AK Jrの単なる強化版にあらず
[08:00 7/2] スマホとデジタル家電
がん患者、2012年は新たに86.5万人 がん研究センター推計
[08:00 7/2] テクノロジー