米Appleが次世代MacBook Proで2,880×1,800ディスプレイ採用か - 台湾報道

 

台湾Digitimesの報道によれば、米Appleが2012年第2四半期にも2,880×1,800ドットの高解像度ディスプレイを持つMacBook Proの新製品をリリースする可能性があるという。情報のソースは上流サプライチェーン筋とのこと。現在のMacBook製品ラインは最高でも17インチで1,920×1,200ドットの解像度であり、2,880×1,800というのは現行15インチ製品のちょうど4倍の解像度。この場合、いわゆる「Retina」なディスプレイがMacBookの製品ラインにも投入されることを意味する。

MacBook Pro

現在MacBook Proでは、13インチで1,280×800ドット、15インチで1,440×900ドット、17インチで1,920×1,200ドットという解像度のディスプレイを採用している。2,880×1,800はワイドスクリーンでいう16:10のアスペクト比であり、ちょうど15インチモデルの縦横が2倍、面積で4倍のサイズとなる。同社はMacBook Airで11インチモデルに1,366×768ドット、13インチモデルで1,440×900ドットというMacBook Proの製品ラインとは異なる解像度体系のディスプレイを採用しており、そちらと比較するなら13インチモデルの4倍の解像度に相当する。今回話題になっている製品がどのクラスを想定しているのかは不明だが、DigitimesによればこれはAppleが他社製品との差別化のための措置とのことで、MacBook Proでもハイエンド寄りの製品での採用となるのかもしれない。

同様に、ASUSやAcerも1,920×1,080ドットのフルHD解像度を持つディスプレイをノートPC製品、特にハイエンドのUltrabookに採用する意向だという。もしこれが本当ならば、長らくWXGAやWSXGAクラスの解像度で留まっていたノートPC向けディスプレイの世界で、一気に高解像度化が進むことになるだろう。

関連記事
Appleが2012Q1にMacBook Air新製品投入、新たに15インチも追加か - 台湾報道(2011年11月29日)
AppleはノートPC市場ですでにシェアトップ? - 製品トレンドのもう1つの見方 (2011年8月10日)
米Apple、MagSafeアダプタの不良問題で無償交換プログラムを発表(2011年11月11日)
Appleが次世代iPadを3~4カ月後にローンチか - 台湾報道(2011年12月12日)
AppleがiPad 3の発売後もiPad 2をエントリー機種として継続販売する可能性 (2011年12月2日)
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ハワイアン航空、羽田緊急着陸の経緯発表--機体はブレーキ交換を経て復帰
[19:16 7/26] 趣味
『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』、先行上映会のLV会場追加
[19:15 7/26] ホビー
昼休みにセキュリティ講座、カスペルスキーが働く女性向けに
[19:02 7/26] 企業IT
野菜ソムリエ100人が考えたトルティアチップスのレシピを公開 - 湖池屋
[19:02 7/26] ヘルスケア
メタビル「ガンダムアストレイ ブルーフレーム」特設サイト公開、深い青で高い質感
[19:00 7/26] ホビー