ワコムの技術がパナソニック製Androidタブレット「TOUGHPAD」に採用

ニュース
トップ

ワコムの技術がパナソニック製Androidタブレット「TOUGHPAD」に採用

吉田美奈子  [2011/12/08]

ワコムは、同社のユーザーインターフェイス技術の総称ブランド「Wacom feel IT technologies」が、2012年5月に発売されるパナソニック製タブレットコンピュータ「TOUGHPAD(タフパッド) FZ-A1」に採用されたと発表した。

「TOUGHPAD FZ-A1」

使用イメージ

TOUGHPAD FZ-A1は、「屋外使用時の視認性」「フィールド業務でも耐えうる堅牢性」「セキュリティ機能」に優れた、企業向けのAndroidタブレット端末。手書き文字入力のみならず、手袋などを必要とする現場での操作も想定されているため、利便性や防滴性に優れた同社の電磁誘導方式ペンセンサーが採用されたという。

「Wacom feel IT technologies」では、高い精度を持つペンセンサー、マルチタッチセンサー、コントローラIC、ドライバなどの技術を統合することで、幅広いデジタル機器に対して自然で直感的なユーザーインターフェイスソリューションを提供している。

本体裏側にペンホルダーを装備する

関連したタグ

関連記事

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    再生可能エネ"固定価格買取制度"は曲がり角? 家計負担は月935円に増加の試算
    [14:54 10/1] マネー
    佐賀県庁、全職員4,000人を対象にテレワークを実施
    [14:51 10/1] エンタープライズ
    ソニー、8型で世界最軽量の「Xperia Z3 Tablet Compact」Wi-Fiモデル発売
    [14:47 10/1] パソコン
    日立、政府保有のオープンデータを公開するWebポータルサイトを構築
    [14:46 10/1] エンタープライズ
    シトリックス、XenAppおよびXenDesktop 7.6の提供開始
    [14:42 10/1] エンタープライズ

    特別企画

    一覧