バッファロー、Wi-Fi設定を簡単にする機能「AOSS for iPhone」を提供開始

 

バッファローは、iOS端末のWi-Fi機能の設定が簡単に行える機能「AOSS for iPhone」を開発し、同機能に対応する同社製の無線LANルーター「WZR-HP-G450H」用のファームウェアのダウンロード提供を開始した。

AOSS for iPhone」のwebページ

通常のWi-Fi接続手順では、複数の接続先候補から自分の接続したい親機を判別するためにSSIDを確認したり、セキュリティー設定のためのキーコードを入力するが、「AOSS for iPhone」は、無線LAN親機の「AOSS」ボタンを押し、iOS端末のWi-Fi設定画面に表示されるリストから「!AOSS-」で始まるネットワークを選択、その後、「Safari」を起動し、プロファイルをインストールするだけで、Wi-Fi接続設定が完了する。iOS端末側への専用アプリのインストールは必要ない。

iOS端末以外の機器を「AOSS」で接続設定している場合でも、「AOSS」での接続したネットワークに影響を与えないため、すべてを手動で設定し直すといったことをする必要がないという。

同機能に対応する製品は、同社製の無線LANルーター「WZR-HP-G450H」。ファームウェアをVer.1.85以降に更新することで、機能を利用できるようになる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

進化するWi-Fi - 次世代の高速通信を支える802.11ac Wave2
[16:48 7/27] テクノロジー
富士通、米ネットワークサービス企業TrueNet Communicationsを買収
[16:42 7/27] 企業IT
男性の育休取得が過去最高 - 2.65%に
[16:39 7/27] キャリア
バッファロー、Macですぐに使えるUSB 3.0対応の超薄型ポータブルHDD
[16:37 7/27] パソコン
[聲の形]新規カット公開 入野自由、早見沙織がアフレコ苦労明かす
[16:23 7/27] ホビー